総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

選ばれる自治体になるためのシティプロモーション

シティプロモーション自治体等連絡協議会の調査研究活動

 シティプロモーションについては、多くの自治体が注目しています。
 シティプロモーションは、さまざまな住民(居住者・事業者・各種団体等)から選ばれる自治体に変貌するための能動的な活動であり、そこには地域再生・観光振興・住民協働などさまざまな概念が含まれます。
 全国においても先駆的にシティプロモーション基本条例の策定やシティプロモーション課・シティセールス課等を設置し、積極的な活動を行い、成果を上げている自治体もあります。
 こうした動きを受けて、平成25年にシティプロモーション自治体等連絡協議会が発足しました。協議会には現在全国から16自治体が参加すると共に、民間からは産業能率大学をはじめてとして(株)JTBコーポレートセールス、(株)時事通信社・(株)読売広告社等が参画しています。
 シティプロモーション等自治体等連絡協議会は産官学が融合していく場を目指しています。交流会・情報交換会を通じて、参加者の問題や課題を共有化し解決に向けた取組みを共に考えたり、シティプロモーションを進化・深化させる次の一手を検討し共同で行動に起こしたりするなど、多方面に活動を広げています。また調査研究部会を設置し、シティプロモーションに関する研究や情報発信を活発に行なっています。

シティプロモーションを担う人材育成にむけて

 こうした協議会の調査研究活動を参考にしながら、産業能率大学はシティプロモーションに関連する研修およびワークショプ等を行っています。
 このプログラム集では、「シティプロモーション戦略」「情報リテラシー」「マーケティング・営業」「おもてなし」「観光」の5分野・13プログラムをご紹介いたします。


ページ先頭へ