総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

経営人材・次世代リーダーの育成

次代を担う経営幹部をいかに育成するか

【1】 お客様が抱え、直面している問題状況とは

 経営を取り巻く環境が大きく変化し、過去の経験則や分析だけで将来を展望するということが非常に困難になってきています。そういった現状認識を前提に、どのように企業経営のあり方を強化していくかという問題意識はどのお客様も共通で持っていらっしゃるようです。ただし、共通しているのはそこまでで、それから先の具体的な相談内容というものは、やはりお客様の業種や規模、企業文化といったものでかなり変わってきます。

 もうひとつ共通しているのは、経営者になりうる人材を、社内に幅広くプールしておきたいという考えです。ある特定の、あの人ということではなくて、実際に役員になられる方の数倍規模の人材をプールしておきたいという要望です。当然、経営人材というのはさまざまなタイプの方がいらっしゃいますから、その都度、環境変化に合わせて適切な人材を役員に登用するためにプールをつくる、そういった意味で企業が該当者を選抜して毎年、あるいは隔年ごとにトレーニングしていきたいということのようです。

 また数年前から、一人ひとりの経営幹部候補者を客観的にアセスメントして欲しいという要望が増えてきました。こうしたニーズに対しては、お一人に2名体制で2時間以上かけて面談をします。その「面談アセスメント」の結果を含めて、各自がまとめた事業課題提言のアウトプット評価とプレゼンテーション評価、それから経営人材特性診断の4点評価を行い、最終的に報告会を実施します。

【2】 産業能率大学 総合研究所ならではのソリューションとは

 本学の創立者である上野陽一は、日本で初めてコンサルティングを行った人物です。つまり実学に根ざした伝統を持っているわけです。また経営管理研究所の研究員・講師は社会人教育に携わっていますから、理論と実践の中間領域をつなぐという考え方です。理論と実践をつないだ中間領域の展開を、実際の企業の環境に応じてできるのが本学の強みでもあると考えています。

 研究員の仕事というのは、セミナーで講師をする「研修講師」という役割と、コンサルティングという仕事もあります。本学の研究員は、ほぼ主要な業種のコンサルティング経験があり、研修経験、ワークショップ経験もありますので、現実の企業が抱える課題に実際にきちんと対応できるのです。つまり普遍的な理論とメソッドを持っているので、さまざまな業界固有の情報もうまく整理して体系化できるのです。

【3】 産業能率大学 総合研究所が考える「経営幹部育成」とは

 本学の経営幹部育成プログラムの特徴というのは、一つは通信研修です。経営幹部育成に特化した通信研修、いわゆるMBAの領域と思っていただくとよいと思います。これをかなりの品揃えでラインアップしていますから、それを受講していただいて、その後、通信教育だけだと完全には身につきませんので、ケース研修を受講していただきます。通常、ケース研修というと事例研究が多いと思います。実際の企業事例を分析して、なぜうまくいったのか、あるいは、うまくいかないのかについて、分析を主体としてアプローチする手法です。それに対して、本学が実施しているのは、事例研究の中でもケースメソッドという手法のものです。

 教育用に実事例を加工して、過去を分析するのではなくて、その事例を元にこれからどういう経営戦略やマーケティング戦略を立案するべきだろうか、という将来を考える。ですから当然答えがありません。答えは探してもない。過去の事例を分析する場合、いろいろ調べていって、ああだった、こうだったと答え探しになるのですが、将来を考えるわけですから答え探しができない。ですから、わたくしどもの経営幹部育成一連のプログラムのひとつのキーワードは、「答えは探さない、答えは創る」ということになるかと思います。

 さらに、こうしたプログラムと合わせて、経営幹部になるには覚悟が必要ですから「経営マインドセット研修」という新しいプログラムも出しています。これは危機対応と変革、理念の浸透という3つのテーマに焦点化したもので、簡単なショートケーススタディを通じて、危機対応なり変革なりを実際に意思決定するというプログラムです。厳しい状況を設定してストレスのかかる状態で、反対意見だとか一人ひとりがばらばらの状態をあえてつくり、そこを経営幹部として貫き通せるかということを実際にロールプレイングでやっていただくものです。

 こうしたマインドセットなどに加え、さらに各種ケースメソッド研修、事業設計ワークショップなどがあります。


「経営幹部育成」について本学が提供できるさまざまなソリューション

[経営幹部育成」について本学が提供できるさまざまなソリューション

< 本学のソリューション例 >
各研修の詳細については、こちらをクリックしてご覧ください。

【4】 お客様の反応、そして評価は

 こうしたプログラムについて、おおむね高い評価をいただいています。いずれも実際に受講していただいたお客様の声ですが、「マネジャーとしての意思決定と経営者としての意思決定をロールプレイング体験してみると、マネジメントと経営はまったく一線を画すものであった」、「身をもって体感してみると非常によく分かった」という反応を多くいただいています。ビジネスという現場、経営の意思決定という局面で、非常に役に立つという評価をいただいていると自負しています。

 ひとつのプログラムは1年から2年かけて開発しています。さらにプログラムに即した教材を作り、パイロットセミナーという形でテストランして、さらにフィードバックを受けてまた修正を加え、本格的なプログラムにしていきます。例えば事業の中でA社を買収するという状況を設定する場合、実際にその現場なり状況を知っていないと説得力のあるプログラムはできません。
したがってM&Aをする場合であれば、実際に市場調査をするのはもちろん、その会社に行っていろいろな情報を聞いてくる。アナリストにも聞いてくる。企業価値評価をして、M&Aをするなら実際どのくらいの金額になるのかを算定する。そうした情報の収集と分析・評価を通じてプログラムを作っています。

「経営幹部育成」について詳細をご希望の方は、本学アドバイザーまでお気軽にご相談ください。

メールによるお問い合わせ
お気軽にご相談ください
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
各地区の事業拠点へお問い合わせください

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー