総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

意識を変えるには「三位一体」

下図は、企業のコンプライアンスリスクを軽減するために、どのような意識変革が必要かを整理したものです。

人の側面では大きく「経営幹部」「現場」に対象を分けることができます。さらに、人の意識を変えるために「仕組み」そのものに対する意識も変えなければなりません。この3つの意識変革が実現して、初めて企業のコンプライアンスリスクが軽減されます。

三位一体(図解)

「経営幹部」の意識

改正会社法やコーポレートガバナンスコードによって、経営幹部(役員)に求められる責任が明確に規定されました。その結果、もし然るべき統制が行われておらず、経営に大きな損害を及ぼし、株主利益を損ねた場合、経営幹部(役員)に重い責任が課せられます。このことを経営幹部はよく理解し、役割認識を改めなければなりません。

「現場」の意識

コンプライアンスはすでに15年以上の取り組みの歴史がありますから、その意味や必要性については十分周知されていると思います。しかし、「会社に言われたから仕方なく」という“やらされ意識”ではリスクは軽減しません。こうした意識を改め、「自分たち自ら律する」という意識を現場のすみずみに浸透していくことが必要です。

「仕組み」に対する意識

不祥事を防ごうとすればするほど、社員にルールを押し付け、それを強制的に守らせる仕組みを重視しがちです。しかし、これは「社員の意識を変える」という意味では逆効果になりかねません。なぜなら、人の意識は自らの意思で変えるものであり、他人から言われて変わるものではないからです。「社員の意識を変える」ことを目的に据えた仕組みづくりに転換する必要があります。

本学は、学校法人としての特長を生かし、教育面から貴社のコンプライアンス強化を支援いたします。

支援領域が、「経営幹部」から「現場」、そして「仕組み」づくりまで、コンプライアンスに取り組む全ての部門に広がっていること。

それが、本学の強みです。


ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。