総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

機能するKPIマネジメントサイクルによって“グリーン企業”を目指そう【第3回 KPIによるマネジメントのPDCAサイクル】

 前回は、機能するKPI(Key Performance Indicator)にするための2つのアプローチ(トップダウンとボトムアップ)を取り上げました。今回が最終回となります。
 第3回は、KPIによるマネジメントの実現方法(PDCAサイクル)について考えていきましょう。

KPIは仮説にすぎない

KPIによるマネジメントのPDCAサイクルについて触れていきます。【図1】をご覧ください。


【図1】 KPIによるマネジメントのPDCAサイクル

【図1】KPIによるマネジメントのPDCAサイクル


 「Plan」では、上位目標に貢献する指標を設定します。「Do」では、モニタリング、適時にチェックがうまくできるようになっているかどうかです。「CA」では、検証と見直しがしやすいかということです。ここで強調したいのは、KPIは、仮説にすぎないということです。指標の決定には責任が伴うことですが、つい構えすぎてしまい、途中で息切れしてしまいがちです。もう少し気楽に、仮説だと割り切ってまずやってみる、1回行動に移してみる。これが大事です。そして、PDCAサイクルを回すことで、機能するKPIになってくるのです。あくまでも最初に設定するKPIは仮説にすぎない、ということを意識して、実務に適応してほしいと思います。

KPI導入による効果

 KPIの導入によって、以下のような効果が期待できるようになります。

  ・ マネジャーの指導力が高まる(指示がシャープになる)
  ・ メンバーが行動に確信を持つ
  ・ マネジャーとメンバーの間でコミュニケーションが密になる
  ・ 業績貢献へのスキルアップになり、人材育成につながる
  ・ 行動の順位づけができ、業務軽減につながる。

 現在のマネジャー層の多くが、プレイングマネジャーとして、目の前の業務に忙殺されています。KPIのマネジメントをロジカルに展開していくことで、業務の優先順位づけが必然的にできるようになります。
 業績管理というテーマからすると、財務知識の必要性を訴える方がいますが、結論的にはその心配はいりません。積み上げ型の網羅的学習は不要で、文脈学習により、限られた項目を理解いただければ大丈夫です。ただし、業務とのつながりがどこにあるか、深く理解するようにするとよいでしょう。

 本コラムでは、全3回に渡って、業績管理の考え方とアプローチをご紹介してきました。KPIによるマネジメントは、中期経営計画を確実に実現していくために有効な方法論です。ノルマとしての指標ではなく、「業績貢献のツボ」としてKPIを設定し、マネジャーもメンバーも充実感をもてるマネジメント状態を作り出すことで、“グリーン企業”(働く人が目標達成も目指しながらハピネスを感じることができる組織)の実現に近づくことができます。

 最後に、このテーマでの研修プログラム例をご紹介します。モデルプログラムは一例です。目的に応じて柔軟にアレンジが可能です。ご興味のある方は、下記よりお気軽にお問い合わせください。

<ご参考> モデルプログラム

【研修のねらい】
 (1)部門業績管理の考え方とマネジャーとしてのスキルを習得する
 (2)業績のブレイクダウンや業績貢献に向けた着目点を見極める

<ご参考>モデルプログラム


お問い合わせはこちらから


(学校法人産業能率大学 経営管理研究所 主幹研究員 総合研究所准教授  本村 秀樹)

各テーマをクリックすると、内容ページへ遷移します。

連載 テーマ 公開日
機能するKPIマネジメントサイクルによって“グリーン企業”を目指そう 2017年2月1日
第1回 「マネジメントコントロール」のフレームをベースとした業績管理の考え方 2017年2月1日
第2回 KPIが機能する2つのアプローチ 2017年2月14日
第3回
(最終回)
KPIによるマネジメントのPDCAサイクル 2017年2月20日
テーマは若干変更することがあります。予めご了承ください。
著者の所属・肩書きは掲載当時のものです。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録