総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

データで読み解く “人材開発の過去、現在、未来” 【第3回 人材育成の中心を担うのはOJTなのかOff-JTなのか】

はじめに

 かつて、“日本企業の強みはOJT”といわれるぐらい、OJTは日本企業における人材育成の中心を担ってきました。しかし最近は、“OJTが崩壊している”といった声をよく耳にするようになってきています。
 第3回は、これからの日本企業における人材育成の中心を担うのは、OJTなのか、それともOff-JTなのかを考えてみたいと思います。

多くの企業はOJT中心主義を堅持

 人材開発の手法について、「OJT中心」なのか、「Off-JT中心」なのかをたずねたところ(グラフ1)、「OJT中心」との回答が8割前後と、一貫して大半を占めていることがわかります。回答企業が異なるため一概には言えませんが、依然として多くの企業がOJT中心主義を堅持しているものと思われます。
 しかし、細かく推移を見ていくと、2008年から2010年に「OJT中心」との回答は8割強から9割弱へと一旦大幅に増加したものの、2010年から2015年にかけて大きく減少し、8割を下回っています。

グラフ1 人材開発の手法(全体)

非製造業の1/4は「Off-JT中心」

 次に、業種別に見てみると(グラフ2)、製造/非製造ともに全体結果とほぼ同様の傾向が見受けられます。特に非製造は、2015年に「OJT中心」との回答が7割半ばまで減少し、2008年の水準を下回る結果となっています。つまり、非製造の実に1/4は、「Off-JT中心」と回答していることがわかります。

グラフ2 人材開発の手法(業種別)

一部の大規模企業は「Off-JT中心」へシフト

 一方、規模別に見てみると(グラフ3)、500-1000人未満および1000-3000人未満の企業については全体結果と同様の傾向が見られましたが、3000-5000人未満、5000人以上については若干異なる傾向が見られました。3000-5000人未満は、「OJT中心」とする企業が年々増加しているのに対し、5000人以上は「OJT中心」とする企業が減少しています。
 調査対象企業が異なり、またN数も少ないため一概には言えませんが、非製造業や大規模企業の一部において、「Off-JT中心」にシフトしている可能性が指摘できます。

グラフ3 人材開発の手法(規模別)

Off-JTの意義や効果性が見直されている

 では、なぜ「Off-JT中心」へのシフトが起きるのでしょうか。一般的によくいわれる “OJTの機能不全”や““現場の育てる風土が失われている”という言葉のとおり、OJTを基調とした人材育成の維持が困難になってきているからでしょうか。
 もちろん、そうしたことも要因の一つであると思います。しかし、私はむしろ、知識やスキルのライフサイクルが短くなってきていることや、業務の複雑化・高度化により、Off-JTの意義や効果性が改めて見直されているからではないかと考えます。

「Off-JT中心」へのシフトは進む?

 これまで、Off-JTはあくまでも基礎的な知識やスキルを提供する場としてとらえられてきました。しかし、最近では、既存業務の範囲では習得できないような、汎用的ではあるが業務に役立つ、いわゆる“高度専門知識を提供する場”としてOff-JTを有効活用する機会が増えてきているものと思われます。
 実務における課題がイメージできるよう、実践につながるような仕掛けや働きかけを盛り込むことができれば、Off-JTの効果性を最大限に高めることが可能になるはずです。そうした工夫がうまくできるようになれば、いつの日か日本企業の人材開発において、Off-JTが脚光を浴びる日がくるかもしれません。


(学校法人産業能率大学 総合研究所 経営管理研究所 組織測定研究センター
プロジェクト・リーダー 田島 尚子)

各テーマをクリックすると、内容ページへ遷移します。

連載 テーマ 公開日(予定)
データで読み解く “人材開発の過去、現在、未来” 連載TOP 2016年8月19日
第1回 教育は投資かコストか 2016年8月19日
第2回 人材開発の主体は個人なのか組織なのか 2016年10月20日
第3回 人材育成の中心を担うのはOJTなのかOff-JTなのか 2016年12月26日
第4回 管理職に新たに求められる役割とは 2017年4月5日
第5回
(最終回)
人材開発部門のこれまでとこれから 2017年5月26日
テーマは若干変更することがあります。予めご了承ください。
著者の所属・肩書きは掲載当時のものです。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。