総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【ダイバーシティ:通信研修受講者インタビュー】 中小企業診断士(総合)の受講を通して

身につけた経営知識で職場の業務フローを改善したい!


大学を卒業後、不動産投資会社にて営業職を経験。その後、海外自動車会社の日本法人2社にて、ショールーム受付業務の経験を積む。
1社目では派遣社員として2年、2社目では契約社員として2年半経験し、現在に至る。

    受講したきっかけ

    海外自動車会社のショールームで受付業務をしていて、今までに2回ほど新店舗の立ち上げに携わりました。2回目の立ち上げは最近のことで、その頃には前職と合わせて約4年の業務経験がありましたので、ある程度はできるだろうと自信をもっていました。

    ところが、いろいろな場面でつまずいてしまいました。新店舗ですから、ルールや進め方が確立されていなかったこともあって、「どのように進めればよいか」「誰に承認を得ればよいか」「会社が自分に対して何を求めているのか」など、分からないことが多くてとても悩んでしまったのです。

    そこで、スムーズに業務ができるためにはどうしたらよいのかを考え、調べたところ、経営や店舗運営などの知識が必要な中小企業診断士という資格があることを知りました。この知識を身につけたいと思ったことが、「中小企業診断士(総合)」講座を受講することになったきっかけです。

      学んでみて分かったこと

      いざ学習してみると、経営知識に触れるのが初めてということもあって、とても難しかったです。でも、テキストを読み重ねたり、知らない言葉を調べたりするうちに、少しずつ分かるようになっていきました。

      そして、知識がついてくると、どうして新店舗立ち上げ時の業務がうまくいかなかったのかが徐々に見えてきたのです。入社した当時、教えてもらって、あたりまえだと思っていたルールは、現場業務に加えて経営や店舗運営の知識をもった誰かが、新人でもできるようにと考えてつくってくれていたものだと気がつきました。

      一日のスケジュール

      理想通りには行かない日もありました。

      モチベーション維持の秘訣

      身につけた知識を使って業務改善を実現できれば、自分だけでなく、周りの仲間たちの仕事の質や生産性の向上に役立ちますし、きっとお客さまの満足にもつながるでしょう。そう考えるとワクワクした気持ちになりましたので、少しくらい疲れているときでも頑張れました。

      これからの目標

      試験は今からですが、合格できたら最高ですね!でも、試験結果はもちろん大切ですが、この学習を通じて得た知識を使って、会社をどう良くしていくか、どれだけ業務改善を実行できるかのほうが大切だと思っています。

      「中小企業診断士(総合)」講座の学習を通じて身につけた経営知識をベースに、さまざまな働きかけをおこなっていきたいです。

      中小企業診断士(総合)の詳細はこちら

      ページ先頭へ

      • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
      • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
      • デジタルカタログはこちらから
      • 官公庁・自治体職員向け研修案内
      • 総合研究所 経営管理研究所
      • グローバルマネジメント研究所
      • サンノーWebサポート
      • SuperGrace Web成績管理システム
      • マナビバサンノー
      • sannoメール登録