総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】株式会社JR東日本パーソネルサービス "異業種交流”で自己の立ち位置を再認識することも大切

企業事例インタビュー

株式会社JR東日本パーソネルサービス 企業プロフィール

(2010/01/06現在)

弊社は、JR東日本の子会社として2002(平成14)年10月1日に設立されました。

JR東日本からは3つのミッションとして、

 1. グループ内の人材育成への貢献
 2. 業務品質の向上
 3. グループ内の人事セクションへのサポート


を果たす役割を求められております。
主な業務としましては、JR東日本グループ内はもとより他企業様に対する『人材サービス(人材派遣など)』『教育・研修サービス』『人事・厚生ソリューションサービス』を行っております。

    金杉様

    株式会社JR東日本パーソネルサービス HRD事業本部副本部長 オフィスサポート事業部長 金杉 利昭 様

    その中の一つ『教育・研修サービス』は、グループ各社の「社員研修の企画・運営受託」「能力開発・職場活性化のためのコンサルティング」「その他各種セミ ナー・研究会の企画およびコーディネート」を行っている部署でして、簡単に申しますと、グループ各社への『教育支援』を行っている、いわゆる、シェアー ド・サービスという機能を司っています。
     
    『教育支援』の概要は、以下の図をご参照下さい。

    『教育支援』の概要

    グループ各社から相談を受け、当社にて業種・業務形態・社内環境などの細部に渡りリサーチ、分析を行った上で各社に応じた教育プログラムをご提供するというのが我々の任務であり、業務です。状況によっては、各教育機関様にも協力を求め、それぞれの得意分野(教育手段)をご提供いただいたりもしています。
    (例:通信研修、公開セミナー、講師の派遣 など) 

    我々が『教育支援』を行っていくに当たり特に重視している点としましては、

    Ⅰ 教育・研修目的の明確化
    Ⅱ 教育・研修カリキュラムの構成
    Ⅲ 講師の選定


    が挙げられます。
    “何のために教育・研修するのか”といった「目的の明確化」は特に重視しており、何度も各社の担当者とすり合わせを行います。この目的部分が曖昧であったり、認識の誤差がありますと、ご提供する教育・研修プログラム自体が意味をなさない無駄なものになってしまいがちです。

    また、教育・研修を行えば、すぐに成果が現れる、業績に反映されるという認識をお持ちの担当者様も多くございます。そのような方々には、「教育・研修は継続、フォローが大切」ということを何度も、口が酸っぱくなるくらい申し上げます。1回の教育・研修ですぐ成果が現れるならば、我々も万々歳なのですが(笑)、現実はそんなに甘いものではありません。今まで各人が蓄積してきた経験なり物の見方・考え方なりが一朝一夕に変るものでなく、教育・研修という手段は、今の自己を見つめ直し、もっとこんな視点があるのでは、こんなアプローチをしてみてはどうかといった新たな“気づき”を得る場であると、私自身は捉えています。今まで頑なに自己のやり方・考え方に固執していた受講者が、教育・研修を受けたことで、従来とは異なった視点で物事を見ていただくきっかけになれば、それだけでも成功といえるのではないでしょうか? あとは、学習した内容が日常業務の中で活かされているかどうかをフォローしていく、あるいは少しレベルを上げた内容を改めて受講することで、“わかる”レベルから“できる”レベルへ、更には“やってみてできた”段階へたどり着き自信につながればと常々考えています。

    JR東日本グループ経営における“人材力向上”の位置づけ

    グループ経営ビジョン2020-挑む-

    上の図は、「グループ経営ビジョン2020-挑む-」にて発表されたものです。JR東日本グループ全体として「組織の力、人材の力の向上」に取り組んでいるのがおわかりいただけるのではないでしょうか。

    当社も、当然この位置づけをしっかり理解し、JR東日本グループ各社の人材が少しでも向上できるよう、また、当社の社員自身も、当業務を通じて自身の能力向上に繋がるよう、一人ひとり目標を掲げ、達成に向けてあの手この手とアイデアを駆使しながら、日々業務に励んでおります。

    公開セミナー活用の大きなメリットとは…

    公開セミナーを活用しているグループ会社の主なもの

    ここ近年、産能マネジメントスクール主催の公開セミナーを活用しているグループ会社の主なものを整理したのが上の表です。

    やはり、“他社(者)の方との異業種交流”を目的の一つとして活用されておられます。
    自社内の研修ではどうしても、井の中の蛙になりがちですが、様々な業種、業態といった企業からの参加がある公開セミナーでは、同じ質問に対しても返ってくる回答は一つではありません。
    中には、自己とは全く異なる視点からの回答(正反対の回答)があることもあります。そのような方々と同じグループ内で課題(テーマ)に取り組み、グループとしての見解を導きだしていくという過程には、当然苦労もありますが、逆に新たな発想、発見をしていく機会、良い意味での刺激を得る機会でもあります。まさしく、“新たな気づきを得る場”といえます。このような体験が出来るのは、公開セミナーならではのものではないでしょうか。

    グループ各社は、そのあたりを十分理解し、公開セミナーを有効活用されておられるようです。自己の立ち位置を再認識し、他社(者)からの刺激を受けたことで、新しいことに積極的にチャレンジしてみようという意欲喚起のトリガー(引き金)になるのであれば、これからも社外公開セミナーは活用するだけの価値あるものだと、私自身感じています。

    (上記内容は、2009年6月30日に開催しました『2009 SANNOセミナーの効果的活用を考える!』イベントにてご講演頂きました内容をもとに一部加筆・修正をさせていただきました。)

    ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。


    関連情報

    人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

    上記でご紹介した事例以外の様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

    まずは資料をご請求ください

    詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

    ページ先頭へ

    • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
    • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
    • デジタルカタログはこちらから
    • 官公庁・自治体職員向け研修案内
    • 総合研究所 経営管理研究所
    • グローバルマネジメント研究所
    • サンノーWebサポート
    • SuperGrace Web成績管理システム
    • マナビバサンノー
    • sannoメール登録