総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】株式会社日立ハイテクソリューションズ 新入社員合宿研修ビジネス実践コース

ご担当者・ご参加者インタビュー


ご参加いただいたセミナー:
2010年度「新入社員合宿研修ビジネス実践コース」


『グループメンバーのフィードバックで意外な側面を発見できました。実は今、仕事でそれが活きているんです。』

    久村

    株式会社日立ハイテクソリューションズ 管理グループ人事総務部 採用教育労務グループ  久村 健人 様


    株式会社日立ハイテクソリューションズ 企業プロフィール

    ご参加者インタビュー

    ― 現在のお仕事は?―

    新卒採用と教育が主な仕事です。
    新卒採用は予算編成、採用計画、イベントでのプレゼン、説明会の実施、面接、内定者フォローまで年度の採用すべてに携わっています。教育に関しては当社の場合、教育委員会と分科会が設置されています。そこに事務局として参画して、教育企画を行っています。実際の研修は私たちが中心となって運営しています。

    ― 研修で思い出に残っていることは? ―

    グループワークで他社の人と討議したことが一番印象に残っています。
    その当時は正直、競争意識があり、自分がグループを引っ張りたいという気持ちがありました。
    ただ、研修が進むにつれてリーダーシップをとる人もいるし、フォロワーにまわる人もいるし、書記で活躍する人もいました。自分の特性にこだわらなくても、役割が自然と巡ってくることに気がつきました。アウトプットを出すためには、自分の特性に合わない役割も経験し、周囲と協調する必要があることを実感できました。
    唯一の心残りが、他社の人に対して夜の懇親会のお誘いができなかったことです(笑)。

    ― 仕事で活かされていることは?―

    自己分析では自分はリーダーシップをとりたいという傾向が出ていましたが、グループメンバーのフィードバックにより、自分にフォロワー的な面があることを発見できたことです。
    現在の仕事では自分がフォロワーの役割を果たすことで場が上手くまわることがあります。
    具体的にはメンバーを支援したり、他者の話を最後まで聞き、話がこんがらがってきたと感じた際に一旦要点をまとめて整理したりすることを心がけています。

    ― 仕事における“当たり前”とは?―

    仕事において成果を意識することです。私は管理部門に所属していますので、私にとってのお客さんは社員の方だと思っています。
    社員の方と接するときもお客さんとして意識することで行動も変わり、従業員満足という成果は違ったものになると感じています。

    研修企画ご担当者様インタビュー

    久松さま

    久村様は、新入社員セミナーのご参加者でいらっしゃいましたが、現在は研修企画をご担当されています。
    今度は研修企画担当者としてお話を伺いました。

      ― 新入社員研修の全体像と今回研修の位置づけについて教えてください ―

      当社は4月に合併したばかりの会社なので、新入社員研修については2つの特徴があります。
      私の所属していた会社は営業がメインの会社でした。こちらの会社は研修期間が短く、主には職場でOJTを中心に育成します。もう一方はSEがメインの会社です。こちらは研修の期間は長く、技術教育を主に実施していました。
      割合で言いますと内部研修が7割、外部研修が3割くらいの研修です。外部利用は主にビジネスマナーなどになります。実際、お客様訪問の機会も多いので、名刺交換や挨拶は確実に身につけてもらいます。
      ビジネスマナーは社内で実施すると締まりがありません。
      現場からもビジネスマナーはしっかり身につけてほしいという要望があります。
      研修企画担当としては社内では教えられないきっちりした空気の中でいろんなことを学んでほしいと考えています。あと、公開セミナーは同世代の新入社員が集まるので、そこは良い刺激になります。他流試合のような意味合いもあります。

      ― 新入社員研修の特徴はありますか?―

      私が所属していた会社の話になりますが、新入社員研修は2週間しかありません。
      研修内容はグループ会社の研修、私たちが担当する社内システムや制度の研修、そして外部に派遣するビジネスマナーなどです。そこからは現場に配属されてOJTとなります。
      研修期間が短いのは、営業は現場で得られるものが多いと考えているからです。
      新人の場合、先輩の営業担当と同行をして、打ち合わせの議事録を作成することが主な仕事になります。議事録一つとっても、お客様の言われることを正確に把握して、要点を整理して関係者に伝えるトレーニングになります。
      実際1年目の後半に行うフォロー研修で新人に会うと、言葉遣いやマナーなどが大きく変わっています。やはり、現場で成長していることを実感できます。

      ― 産能マネジメントスクールをお選びいただいた理由は?―

      それは私自身が実際に参加してみて良いと思いました。
      まず宿泊を伴うため同期同士の仲が深まります。
      先ほども話にあがりましたが、私の時は他社との懇親会はできませんでしたが、同期とは毎晩部屋で飲みながら話をしました。また、他流試合の要素があって、研修も気づきを与えてくれる内容になっています。
      当然ながら当社が必要としているマナーを身につけることもできます。
      当社が欲しい要素を包括的に踏まえているからです。


      新入社員研修についてはこちらをご覧下さい

      新入社員合宿研修ビジネス実践コース についてはこちらをご覧下さい


      ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。


      関連情報

      人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

      上記でご紹介した事例以外の様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

      まずは資料をご請求ください

      詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

      ページ先頭へ

      • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
      • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
      • デジタルカタログはこちらから
      • 官公庁・自治体職員向け研修案内
      • 総合研究所 経営管理研究所
      • グローバルマネジメント研究所
      • サンノーWebサポート
      • SuperGrace Web成績管理システム
      • マナビバサンノー
      • sannoメール登録

      他のコンテンツを見る

      SANNOが大切にしている活動スタンス
      理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
      人材育成・研修 用語集
      人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。