総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】アネスト岩田株式会社 自律型新入社員育成研修

ご担当者・ご参加者インタビュー


ご参加いただいたセミナー:2012年度「自律型新入社員育成研修」

『セミナーでメンバーからもらった「タイムカプセル」が、
モチベーションの下がっていた私を奮い立たせる起爆剤になりました。』

    大西さま

    アネスト岩田株式会社 アネスト岩田コーティングサービス株式会社 大西 宙 様


    アネスト岩田株式会社 企業プロフィール

    ご参加者インタビュー

    ― 現在のお仕事は?―

    私の配属されている部署は塗装設備の営業と設計、現場監督、お客様のフォローまでを一貫して行います。現在の主な仕事は、お客様からのご質問への電話応対、お客様の設備での塗装実験の補助、営業の方に同行してのお客様訪問です。

    ― 研修で思い出に残っていることは? ―

    やはり演習が一番思い出に残っています。
    最初のタワービルディングの演習では、グループで色々アイデアが出ましたが、収束ができなくて、結局低いタワーになりました。
    グループの活動を振り返り、自分たちはDoだけで、PlanやSeeが無いことに気づきました。
    次の新企画を立てる演習ではPDSを意識して取り組むことになって、リーダーやタイムキーパーの役割を決め、成果の方向性や目標を決め、時間を区切って進めました。

    ― 仕事で活かされていることは?―

    この研修では(研修から)3ヵ月経って、研修のグループメンバーから書いてもらった「タイムカプセル」を開封することで、「あのときの仲間からメッセージが送られて」きます。
    開けてみると「熱心なところが良い」というメッセージをみなさんからいただいていました。

    その頃、仕事に面白みを見い出せなくて、少しモチベーションが下がっていました。
    「熱心さ、今の自分に欠けてる…」と思って、研修時の自分を思い出して頑張ろうと決めました。
    グループメンバーにメールをして、今の状況を報告しあいました。業界は違いますが、前向きに仕事に取り組んでいるメンバーの様子がわかり大変刺激になりました。

      大西さま

      ― 仕事における“当たり前”とは?―

      まずは、お金をもらっている以上は一生懸命やるということです。
      例えば、電話応対では電話がワンコール鳴ったら自分がとるようにしています。
      実験では塗料を調合することがありますが、その際に小数下一桁くらいの誤差(±1グラム)なら構わないと言われていますが、私はとことん誤差を無くすことにこだわっています。
      それから、複数で仕事を行っているので、できるだけ笑顔を絶やさずに楽しく仕事をするようにしています。

      研修企画ご担当者様インタビュー

      では、研修のご担当者でいらっしゃる、アネスト岩田株式会社 管理部 人事グループのマネジャー 、柴田昌亮様にお話を伺います。

      ― 新入社員研修の全体像と今回研修の位置づけについて教えてください ―

      今年は4月から8月までの4ヶ月間新入社員研修を実施しました。
      そのうち3ヶ月間は実習で全員秋田工場と福島工場に行きました。1ヶ月間は座学を含めて基礎研修としました。
      今回はあるべき人材像の一つ“自立した人材であれ”を目標として、産能マネジメントスクールさんの研修を活用しました。他社の人たちと触れ合う、交流が一つの目的でした。
      他社の参加者とコミュニケーションをとることによって、自分がどういう新入社員なのか見つめる、自分たちに足りないこと、あるいは他社の参加者と自分たちの心構えの違いといったことに自分で気づいてほしかったんです。
      新入社員には、産能セミナールームに行ったら「他社の人に挨拶をして、アネスト岩田を代表して情報収集してきなさい」と伝えていました。

      ― 基礎研修の内容についてお聞かせください―

      基礎研修は最初の1週間人事が担当します。
      その後、2日間産能マネジメントスクールさんの研修に参加しました。
      翌日から各職場の説明会を実施しました。それが終わってから、先ほどもお話をしました3ヶ月間の実習となります。
      実習から戻ってくると今度はグローバル研修を実施しました。グローバルマインドの育成のための講習会、ビジネス英会話、ビジネスマナー、電話応対を英語で行います、その他各部署から海外勤務経験者に集まってもらって、1~2時間話の講義とTOEIC対策の研修です。
      最後にフォローアップ研修を修了して仮配属ということになっています。
      それからは現場に配属されてOJTという流れです。

      ―求める人材像と研修の内容は合いましたか?―

      今、求める人材像として掲げているのは“イノベーターであれ”“自立した人材であれ”“どこでも通用する専門性を磨け”“それと“世界を舞台に活躍しろ”という4つです。
      今回の研修は“自立した人材であれ”に合っています。
      普及担当のお勧めもあり、他社の方もいらっしゃり、交流もできるということで今回の研修に決めました。

      ― 他社との交流にこだわられた理由は何ですか?―

      今回、新入社員教育では初めて異業種交流を実施しました。
      異業種交流にこだわったのは、他社を知らないと比べることがなくなってしまうからです。
      例えば、当社が甘いのか厳しいのかを知ることができません。ましてや、同じ年代の人たちがどういう考えで仕事をしているのかを知ることはもっと大切です。そのようなことは、社内で研修を実施しても社員同士では話ができません。
      その効果もあって、研修報告会では他社の参加者の話題が出て「あの人はすごかった」という感想がありました。“すごい人がいる”ってことが分かることがすごいと思います。そこに気づいたということは、1つそこで勉強ができたということです。
      その他の感想としては、「どんな仕事でもPDCAをまわすことを意識しなくてはならない」というものが多かったです。
      ちなみにPDCAは新入社員研修で私も教えたことなんですが私の研修のことではなく、産能さんのセミナーのことが話題になっていました。やはり教え方が違うんですかね(笑)


      新入社員研修についてはこちらをご覧下さい

      自律型新入社員育成研修 についてはこちらをご覧下さい


      ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。


      関連情報

      人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

      上記でご紹介した事例以外の様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

      まずは資料をご請求ください

      詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

      ページ先頭へ

      • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
      • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
      • デジタルカタログはこちらから
      • 官公庁・自治体職員向け研修案内
      • 総合研究所 経営管理研究所
      • グローバルマネジメント研究所
      • サンノーWebサポート
      • SuperGrace Web成績管理システム
      • マナビバサンノー
      • sannoメール登録