総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

【事例紹介】トピー実業株式会社 新入社員財務・計数コース

ご担当者・ご参加者インタビュー

ご参加いただいたセミナー:2012年度「新入社員財務・計数コース」

村石様

トピー実業株式会社 財務部 経理グループ 村石 龍之輔 様

『セミナーをきっかけに会計知識の必要性を認識し、現在も簿記の資格取得のための勉強を続けています。』(村石様)

    トピー実業株式会社 自動車部品事業部 河野 智之 様

    『苦手意識は徐々に取り除かれました。数字の視点が変わり、今の仕事の立ち位置や役割がどこにあるかを意識しています。』(河野様)


      トピー実業株式会社 企業プロフィール

      ご参加インタビュー その1

      財務部 経理グループ 村石 龍之輔 様

      財務部 経理グループ 村石 龍之輔 様

      全国の営業所の経費精算、取引先への支払確認や各種資料作成が主な業務です。

      具体的には請求書の確認、支払いの管理、毎月の決算資料の一部を作成しています。

        ― 研修で思い出に残っていることは? ―

        今回のセミナーでは、ヤマダ電機やブックオフなど私たちが日常接することの多い企業を題材に講義を行って頂きました。
        事業内容を知っているので、各社のモノの流れをイメージしながら財務諸表を読み解くことができ、数字の構造を把握しやすかったです。
        また、セミナーを通じて数字に対する苦手意識が少し無くなり、現在の業務に入り込みやすくなりました。

        ― 仕事で活かされていることは?―

        経理グループのメンバーは簿記の資格を持っているので、報告の際には「仕分けで話すように」と言われることが多々あります。
        今回のセミナーでは簿記は導入だけでしたが、セミナーをきっかけに会計知識の必要性を認識し、現在も簿記の資格取得のための勉強を続けています。

        ― 仕事における“当たり前”とは?―

        私は“時間感覚”を持ち、常に仕事の優先順位を考えながら、一つ一つの期限を守ることを意識しています。
        会議資料を期日までに作成し終えることが出来なかったという失敗をして以来、優先順位を念頭に置いて仕事をするようになりましたが、その際は“能動的な仕事内容理解”“上司や先輩への積極的な質問姿勢”“メモを残す”の3点を大切にしています。
        また、仕事を与えられた際には「いつまでですか?」と期限の確認をするように気をつけています。

        ご参加者インタビュー その2

        河野様

        自動車部品事業部 河野 智之 様

        管理グループでホイールの調達業務に携わっており、輸入に関する書類の作成、通関業者への依頼、海外メーカーへの発注、各倉庫の日程調整を担当しています。

          ― 研修で思い出に残っていることは?―

          私の場合は村石さんと違い、学生時代は財務の勉強をしていませんでした。
          正直、最初のグループ演習では発言がしづらかったです。
          しかし、教材として取りあげていた財務諸表が自分に身近な企業なのでイメージしやすかったです。
          実際、いろんな会社を比較することで「ネット業界だと人件費には費用をかけているけど、その他の部分はかからないのかな」など、数字の意味を考えながら学習できましたので、数字の苦手意識は徐々に取り除かれました。数字の視点が変わったと言ってもいいです。

          ― 仕事で活かされていることは?―

          直接財務諸表を活用する仕事は今のところないですが、今の仕事の立ち位置や役割がどこにあるかを意識しています。具体的に言えば、輸入業務で、運搬費や倉敷料というのが会社の全体で言えばどの部分にあたるかを考えるようになりました。それらをいかに削減できるかが今の私の役割であると考えています。

          ― 仕事における“当たり前”とは?―

          「分からないことでもまずは自分で考えてみる、そして、自分の考察を加えて上司・先輩に質問する」ということを意識して業務に臨んでいます。
          上司・先輩に質問する際、特に大切なことはメモに書いて聞くということです。分からないポイントを自分の中で明確化し、メモに書いて、それを先輩に見せながら聞くことをしています。自分の考えていることが相手にしっかり伝わりますし、自分の頭の整理にも有効です。

          研修企画ご担当者様インタビュー

          ご担当者様 長谷川様 斎藤様

          ご担当者様
           人事部 労務安全グループ
                グループ長 長谷川 正 様
           人事部 人事グループ 斎藤 悠輔 様

            産能マネジメントスクール 胡子 和正

            インタビュアー
             産能マネジメントスクール 胡子 和正

              ― 新入社員研修の全体像、今回の財務計数研修の位置づけを教えてください ―

              斎藤:
              当社では社員一人一人が“自律的な個”を確立出来るよう多様な教育を実施しており、新入社員導入研修は業務遂行の土台形成における重要な階層研修として位置づけています。
              当該研修は、働くにあたって最低限必要な知識習得を目指すことに加え、今後彼らにとって必要となる知識への“気づき”の場としての意味合いが強いのも特徴です。
              社内知識習得については社内講師を登用したプログラム、「ビジネスマナー・マインド」や「財務・計数」など基礎知識習得については他流試合の効果も狙い、外部の研修を利用しています。

              ― 新入社員研修の中に財務研修を導入されているのはなぜですか?―

              斎藤:
              入社1年目から主担当として業務を遂行していくケースもあり、早い段階で「財務知識」へのテコ入れを行なう必要があると考えているからです。
              導入研修をきっかけに、今後業務を進めていくにあたって必要となるあらゆる知識に関心を持ち、自ら積極的に習得していってもらいたいと考えています。

              ― 財務で求められる範囲は?―

              長谷川:
              当社は商社なので、「数字」が分からなければ仕事ができません。また、商形態も多岐に亘るため管理会計のルールも比較的複雑にできています。まずは計数感覚を養い、社内ルールを理解する必要があります。そのうえで、取引先の財務諸表を分析し、信用面でのリスクコントロールができるレベルになることが、仕事を進めるなかで求められます。

              ― 御社の教育体系の特徴というのはどういうものですか?―

              長谷川:
              職能開発は、本人の強い意志と自助努力があってこそ成し得られることであり、教育制度はそれを支援するサブシステムの位置づけとなりま す。したがって、当社の教育体系は自己啓発支援の側面が強いのが特徴です。また、Off-JTの集合研修実施に際しては、事業部間連携を意識したプログラムにしています。

              ― 産能マネジメントスクールにご参加いただいてる理由は?―

              斎藤:
              産能マネジメントスクールさんが4月に財務・計数研修を実施している数少ない教育団体の一つであることと、1日集合型研修がプログラムに非常に組み込み易い点です。
              また、受講者アンケートでも「身近な企業を具体例として挙げていたので分かり易かった」というような声が毎年多いことから利用させていただいております。


              新入社員研修についてはこちらをご覧下さい

              「新入社員財務・計数コース」についてはこちらをご覧下さい


              ※本コラムに関しますご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。


              関連情報

              人材開発・企業事例集 進呈中(無料)

              上記でご紹介した事例以外の様々な人材育成課題に応じた企業各社の取り組みを掲載しています。

              まずは資料をご請求ください

              詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

              ページ先頭へ

              • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
              • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
              • デジタルカタログはこちらから
              • 官公庁・自治体職員向け研修案内
              • 総合研究所 経営管理研究所
              • グローバルマネジメント研究所
              • サンノーWebサポート
              • SuperGrace Web成績管理システム
              • マナビバサンノー
              • sannoメール登録