総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

S-ATOMの蓄積データから見る 「実力派マネジャー」への変革のポイント

この度、本学では、2010年度よりご提供している マネジャー力診断 S-ATOMの診断結果の蓄積データの分析をいたしました。

●マネジャー力診断S-ATOMとは
マネジャーとして実施すべき業務の遂行状況を「マネジメント業務行動」「マネジャータフネス特性」の2つの軸から把握するアセスメントツールです。→S-ATOMへ

その中で “高いパフォーマンスを発揮する優秀なマネジャーの特徴”ついて、次のようなポイントが見えてきました。

高いパフォーマンスを発揮する優秀なマネジャーの特徴


分析のポイント


ここでは③について、分析結果に至ったポイントをご紹介します。

S-ATOMの蓄積データ(結果)を元に、次の2つのステップにて分析を行いました。

★ステップ1★ ハイパフォーマー(HP)とアベレージパフォーマー(AP)への分類

まず、マネジメント業務行動の回答結果をクラスター分析し、「マネジメント業務行動ができている(以下HP)」群と「マネジメント業務行動ができていない(以下AP)」群に分類しました。

ハイパフォーマー(HP)とアベレージパフォーマー(AP)への分類

★ステップ2★ 「決定木」を用いた尺度ごとの必要レベルの分析

さらに、マネジャータフネス特性の回答結果を「決定木」を用いて分析し、HP群とAP群とを決定づける要因を明らかにしました。

ここでは、マネジャータフネス特性のうち、「他者を活かす」領域についての分析結果をご紹介します。

まず、最初の要因は「感謝の心」です。つまり、部下やメンバーなど周囲の人に対して感謝の心を持っているか否かがHP群とAP群との分かれ目ということになります。「感謝の心」が平均程度(49.5以上)でないと、HP群になれないことが分かりました。

次の要因は「多様性の享受」で、誰に対しても対等に向かい合う姿勢があるか否かが分かれ目になります。HP群になるためには「多様性の享受」がやや高いレベル(54.5以上)であることが求められることが分かりました。

また、「多様性の享受」が高くなくても、「公正な対応」が非常に高いレベル(64.5以上)、つまり個人的な感情にとらわれず、公正さを心がけて行動することができれば、HP群になれることが分かりました。

 いずれにしろ、まずは部下やメンバーに対して「ありがとう」という気持ちを持って接することが重要なようです。

「決定木」を用いた尺度ごとの必要レベルの分析

報告資料「S-ATOM Performax」

この内容の詳細については、『Performax 「実力派マネジャー」への変革のポイント ~マネジャー力診断(S-ATOM)の信頼性と妥当性についてのご報告~』として報告資料をご用意しています。ご興味のある方は下記よりご請求ください。

まずは資料をご請求ください

詳しいご案内資料を無料でお送りいたします。

ページ先頭へ

関連情報

マネジャー力診断 S-ATOM(エスアトム)
調査・診断
人材アセスメントツールと組織・職場サーベイツールをご案内します。
  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • 人材育成支援に関する助成金関連情報のご案内(公開セミナーサイトへ)
  • SANNO エグゼクティブマガジン(コラム【経営の視点】)

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。