総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「日本の職場における幸福感の構造(その3)」【Hapinnovation Lab Letter Vol.9】

「日本の職場における幸福感の構造(その3)」

Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)のベイタ博士とハピノ研究員が、
皆さまからいただく様々な質問に答えていきます。連載第9回目はどのような展開になるか?!

Hapinnovation Lab(ハピノベーション・ラヴ)のベイタ博士とハピノ研究員


ベイタ博士


だんだん寒くなってきたのう。
さて、今回は「ストレスと幸福」がテーマじゃな。これは、ハピノからの提案じゃったのう。

ハピノは、もともと幸福感を考えるうえで、“ストレスとどのように付き合うのか”を考えることが大切だと言っていたのじゃが、それが前々回(Vol.7)から解説しているHapi_Lab(ハピラブ)で実施したアンケート調査の結果にも出てきたわけじゃな。ハピノとしては捨て置けないテーマじゃな。
そうそう、そして、夏に異動されたセブン君から、今までとは畑が違う部署でストレスがかかるので、職場で幸福感を高めるのはなかなか大変だ~という連絡をもらっていたのう。

    セブン


    ベイタ博士、お久しぶりです。覚えてくださっていたのですね。
    半年前に異動になりました。これまで営業と人事の仕事が長く、この歳になって(笑)、今まで経験したことのない部署に行くとは思っていなかったので、思ったよりもストレスを感じています。

    新しい職場は、コーポレートの専門スタッフで、コンプライアンスなどに関する責任を担う関係で、日本のみならず、世界の文化、良識、法律などへの目配せが欠かせません。
    しかし、自分のこれまでの知識だけでは十分ではなく、今のところ自分でイメージするような貢献が出来ないことが、ストレスのもとになっているような気がしています。

    ただ、自分は楽観的なところが取り柄で「なんとかなるさ~」とは思っているのですが、新しいことを覚えるのが、若いときに比べ、心理的にも肉体的にも少ししんどいかなぁ~と感じている今日この頃です。

      ベイタ博士


      セブン君、それは大変じゃな!実は、わしもそうなんじゃ。気持ちはあるのじゃけれど、心と身体が思ったようにはついてきてくれないんじゃ!
      そんな話しを以前ハピノにしたら、「自分はストレスに強い」と思っていることだけで前向きな力が生まれ、良いことなのですよ・・・と教えてくれよった。

      そうじゃったのお~、ハピノや。あのときの説明は、なかなか堂に入ったものでわしも納得したわい。
      今回のアンケート調査では、職場における主観的幸福感という心象の形成について、ストレス耐性の高い人の方が幸福感について肯定的で、ストレス耐性が低い人は、否定的になるという傾向が示されていたのじゃ。
      つまり、職場における幸福感ということを考えるうえで、ストレスを理解し、ストレスとうまくつき合うことが大切であることが分かったんじゃ。

      ハピノや、ストレスについて素人にでも分かる優しい解説を頼むぞ。

        ハピノ研究員


        はい、了解しました。

        それにしてもセブンさん、大変ですね。でも、セブンさんは映画鑑賞や楽器演奏などの趣味をお持ちですから大丈夫だと思いますよ。気分転換がうまくできるのもストレスを溜め込まない人の特徴ですから・・・。

        では、ストレスやストレス耐性ってどういうことなのかを簡単にご説明しましょう!

        ストレス耐性というのは、何らかのストレスを感じたときに、心理的、身体的、行動的に“なんらかの症状(ストレス反応)”が生じることなく耐えられる程度のことです。
        因みに、ストレスというのは、もともと工学上の言葉で、何かしらの外力が加わることで生ずる歪み(ゆがみ)のことを言います。この外力のことをストレッサーと呼びます。

        セブンさんの場合は、異動によってご自身が会社や周囲の方々に十分貢献できていないのではないかという思いが原因(ストレッサー)で、ストレスフルになっていらっしゃるわけですね。
        けど、精神的にまいってしまいミスをしてしまうとか、下痢や胃炎などになったりするような反応(ストレス反応)を起こすことなく耐えられているという状況です。ストレスを感じられているわけですから、あまり良い状態とは言えないのだろうと思います。
        けれど、ここで少し立ち止まって考えてみたいのです。それはストレスを上手に活用するということです。

        一般的に、ストレスは悪いものだと思われがちですが、実はそうでもなくて、(図1)のように適度なストレスはパフォーマンスをアップさせると言われています。
        これにはもちろん個人差がありますので、個人差をきちんと認めることは大切です。

          (図1)ストレスとパフォーマンスの関係

          セブン


          へェ~、そうなのですか!うん、なんとなく思い当たる節もあります。
          たとえば、演奏が上手になりたくて、演奏会の開催を先に決め、そこに向かって自分を追い込むようなやり方なんかがこれにあたるかなぁ~。
          ハピノ研究員の話を聞いたら少し元気でてきたなぁ~。今のストレスを心理的プレッシャーにするのではなく、逆にバネにすれば良い訳ですね。

            ハピノ


            その通りです。

            その他にもストレスとのつき合い方の知恵はいくつかあります。つき合い方を知り、実践することで、ストレスも悪くないと思えるようになると、それはストレス耐性が高くなったということになります。

            ストレスとのつきあい方で大切なことは、ものの捉え方や考え方です。
            ものの捉え方や考え方というのは、何らかの出来事に直面したとき、「これは、どの程度自分に関係するのか?」「自分にとってプラスかマイナスなのか?」といったことを感じたり、その出来事に対して、「自分は、それをうまくできそうだ!(逆に出来ないかもしれないと思ってしまうこと)」とういうように考えることで、これを認知的評価と呼びます。
            そのときに「自分にはできる」と思うことを、自己効力感が高いとか楽観的であると呼びますが、ここまで含めてものの捉え方と考え方と呼んでいます。アラッ、少し説明に力が入りすぎちゃったかしら・・・。

              セブン


              ハピノ研究員、楽観的というのも私にあてはまるかもしれません。
              なんだか、なんでもできるような気がして、幸福な気分になってきました。

                ハピノ研究員


                セブンさん、そう言っていただくと私の話も少しは役立ちそうでうれしいです。
                私が、ストレスと幸福ということで皆さんにお伝えしたいことは、ストレス耐性を高めることが幸福感を高めることになるということに繋がっていることです!
                ストレスを無くすという発想ではなく、ストレスを活用する、ストレスとつき合うという根本的に逆の話になるというわけじゃな・・・アラ、ベイタ博士の口癖がうつってしまいましたわ(赤面)。

                ポジティブ心理学の父と言われるセリグマン教授は、ストレス軽減の研究をしている時に、どんなことに直面してもへこたれずに乗り越える人たちがいることに気づきました。
                その人たちは、逆境、失敗、ストレスなどのネガティブな問題に直面しても、ポジティブな感情で受けとめ、それらを回避、発散、抑制、再評価、共有などしているということが分かったのです。これを起点にストレスへの考え方が180度変わったのです。

                従来、心理学でのストレス研究は、心の不健康への対処療法だったのですが、セリグマン教授は、ポジティブ感情を高めるためには、その人の「強み」に注目して、その状況を乗り越える方法にたどりつくためのポジティブな思考を生み出すことにフォーカスを当てたわけです。
                また、フレドニクソン教授は、ポジティブ感情を発揮できる人は再起する力が高いという研究をしています。これは、9.11のテロの前にとったアンケートでポジティブ感情のレベルが高く測定された人は、テロ事件後に精神的な立ち直りが早かったという結果が出ています。

                  セブン


                  なるほど、では私の「なんとかなるさ」と思うのもある面、ポジティブ感情で受け止められたと言えるわけですな~まあ半分開き直ったわけですが・・・。
                  ハピノ研究員、ポジティブな感情って高められるのでしょうか?

                    ハピノ研究員


                    ポジティブな感情を高めるために一番大切なこと、そしてすぐにでも出来ることは、「感謝」ですね!
                    自分の周りの大切な人とのつながりや愛情に感謝することで、うつ病やPTSD(心的外傷後ストレス障害)に至るネガティブ思考・感情の下降スパイラルが解消され「感謝できる人は幸せになれる」ということが言われています(Emmons,2007)。
                    その他にもSavoring(セイバリング)(Bayant,1989)と言われる方法-“過去・現在・未来のポジティブな体験に注意を払うこと”-で、ポジティブな感情を生成・維持・強化できると言われています。

                    つまり、少し強引なのですが、“ストレス耐性を高める⇒ポジティブな感情を高める⇒幸福感が高まる”という好循環を意識することが大切です。

                      ベイタ博士


                      いやはやハピノはいつも控え目だけど、専門となると力が入るなぁ~。

                      「ストレス耐性と幸福の関係」で大切なことは、ストレス耐性やポジティブな感情を高める意識をしていると、幸福感を高めることができるということじゃな!
                      誰にでも、もちろんわしにもできそうじゃな!!

                      さて、3回に渡って調査結果の話をしてきたが、次回は「職場における関わりあいと幸福」というテーマにしようと思う。
                      これはハルさんのご希望じゃ。ハルさん、楽しみしておいてくれな。



                        ※本コラムに関するお問い合わせにつきましてはこちらまでお寄せください。
                         「お問い合わせ内容」欄に『Hapinnovation Lab Letterについて』と入力のうえ、お問合せください。

                        ページ先頭へ

                        • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
                        • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
                        • デジタルカタログはこちらから
                        • 官公庁・自治体職員向け研修案内
                        • 総合研究所 経営管理研究所
                        • グローバルマネジメント研究所
                        • サンノーWebサポート
                        • SuperGrace Web成績管理システム
                        • マナビバサンノー
                        • sannoメール登録