総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ワーク・ライフ・バランス

人材育成・研修用語:ワーク・ライフ・バランス

ワーク・ライフ・バランスは、内閣府のホームページでは「仕事と生活の調和」と訳されている。暮らしを支えて生きがいをもたらす仕事と、同様に暮らしに欠かすことの出来ない家事・育児・つきあいなどの生活と、双方が充実した状態を指す内閣府は2007年に「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」を制定し、ワーク・ライフ・バランスを推進するための環境整備を行っている。

この背景には、仕事や労働が日々の生活の大半を占めて仕事以外の私生活を圧迫し、人生の満足感や充実感が失われ、結果的に勤労意欲の低下、労働力の低下を招くということが問題視されるようになったことがある。ワーク・ライフ・バランスの取り組みは、仕事と生活の将来に希望が持てる労働環境を整えることで社会に活力を与えようというものである。また来るべき少子高齢化、人口減少時代に備え、家庭の生活を充実させながら仕事ができる環境を整えることで、様々な家庭状況にある人々が働きやすい状況を作り、次世代の労働力を確保するといった狙いもある。

具体的な施策としては、長時間労働の抑制、各種休暇制度の充実と休暇取得の促進、多様な雇用形態や柔軟な勤務制度の採用、などがあげられるが、必ずしも十分とはいえないのが現状である。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ