総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ポジティブ心理学

人材育成・研修用語:ポジティブ心理学(positive psychology)

ポジティブ心理学(positive psychology)は「学習性無力感」の研究で知られ、アメリカ心理学会の会長を務めていたセリグマンが1998年に提唱したことに始まる。従来の心理学が精神的な不調を感じている人に焦点を当てているのに対し、ポジティブ心理学では、「ウェル・ビーイング」や「充実感」、「幸福感」などに着目し、人間の主観的な経験をよりポジティブにしていくことに焦点を当てている。

すなわち、ポジティブ心理学は、人間の良いところや強みに焦点を当て、人間の持つポジティブな側面を引き出していくための科学的かつ応用的なアプローチである。現在ポジティブ心理学では、「感情」、「認知」、「対人関係」、「自己」などを主要領域として多様な研究が進められているとともに、組織開発(organization development)などの領域においても応用的な取り組みが行われている。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内