総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ブレンディング研修

人材育成・研修用語:ブレンディング研修

ブレンディング研修とは、中心的な人材育成手法である集合研修プログラムの周辺に、それを補完・強化する、あるいはそれへの導入をスムーズにするための別の教育手法を組み合わせることをいう。典型的なブレンディング研修の例が「eラーニング+集合研修プログラム」である。これはあらかじめ集合研修における学習テーマの材料となる知識部分について、集合研修前までにeラーニングで学習しておくというやり方であり、2つのメリットがあるとされている。

1つは「集合研修における知識理解のつまづきを最小限にできる」というものである。学習者は事前にある程度の知識学習をしてきているので、集合研修の場ではその前提で応用知識の講義や、演習を組み立てることができ、より高いレベルの教育内容を展開できる。

もう1つは、eラーニングによる学習管理システムを用いることで、集合研修実施前に学習者の習得レベルを把握することが可能となるというものである。テスト結果や学習進捗度合いを講師が事前に知っておけば、それを活かした研修の組み立てをすることができ、学習者のレベルと研修内容のフィット感を高めることが可能となる。

ブレンディング研修の他の例としては、課題図書を用いた論文を事前に作成・提出させてから集合研修を実施したり、各種の診断・測定ツールを用いて学習者側の課題を明確にしたうえで集合研修に参加させる、あるいは集合研修受講後に研修テーマに関連した職場実践活動をリポートで提出させ、それを評価するといった形態などがある。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。