総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

プランド・ハプンスタンス理論

人材育成・研修用語:プランド・ハプンスタンス理論(PHS)

アメリカのスタンフォード大学の教授、ジョン・D・クルンボルツらが提唱した理論。計画された偶然理論とも呼ばれる。「偶然の出来事は人のキャリアに大きな影響を及ぼし、かつ望ましいものである」とし、予期せぬ出来事をキャリアの機会ととらえることができるとき、その出来事を「プランド・ハプンスタンス」と呼ぶとした。クルンボルツは、「偶然の出来事」を「プランド・ハプンスタンス」に変えるには、次の5つのスキルが必要だとしている。

1.好奇心:新しい学習の機会を模索する。
2.持続性:失敗に負けずに努力し続ける。
3.柔軟性:姿勢や状況を変える。
4.楽観性:新しい機会は必ずやってきて、それを自分のものにすることができると考える。
5.冒険心:結果がどうなるか見えない場合でも行動を起こす。

これら5つのスキルを使って、積極的に行動を起こし、「プランド・ハプンスタンス」を作り出すことが、結果的に個人の「人生の質」を深めるとしている。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録