総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

パフォーマティブラーニング

人材育成・研修用語:パフォーマティブラーニング

パフォーマティブラーニングとは、パフォーマンス(人前で身体全体を使って演技をしたり、何かを表現したりすること)を通じて学習する方法を意味している。人材育成における従来の中心的手法であった集合研修プログラムやセミナー、個人学習(通信教育など)では、その進め方は基本的に「座学」であり、講師による言語情報、板書やテキストによる文字・図表などの情報を受け止め、詰め込んでいくパターンが主であった。しかし、脈絡なく目まぐるしい変化が続く現代では、「答を覚える」のではなく「答を創る」ことが求められており、詰め込まれた知識だけでは適応に限界がある。パフォーマティブラーニングはこれに対応する可能性を秘めた学習手法として注目を集めている。

特に、インプロ(インプロビゼーションの略、即興の演技の意味)を体験することで、「自己について」「他者との関係について」など多くの気づきを促していこうとするのが特徴である。
東京学芸大学の高尾隆准教授は、パフォーマティブラーニングを、「パフォーマンスすることで自分を崩し、そして再びつくっていくこと」と定義している。

インプロという即興のためウソやごまかしができず、無意識下からことばや身体の動きに本来の自己が表現されてくる。それにより、自己を開放し、内省し、さらに周囲にも変化を引き起こす効果があるとされている。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。