総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

組織風土

人材育成・研修用語:組織風土(organizational climate)

組織風土(organizational climate)は、リトウィン&ストリンガー(1968)によれば、「仕事環境で生活し活動する人が直接的に、あるいは間接的に知覚し、彼らのモチベーションおよび行動に影響を及ぼすと考えられる一連の仕事環境の測定可能な特性」と定義される。“組織文化”と類似した概念ではあるが、組織内の各メンバーによって知覚される組織の特性としてある程度明確に観測・記述可能なものを総体的に捉えたものであり、組織文化よりもミクロな問題について取り上げ分析する際に用いられる概念である。

組織風土の違い・程度を捉えるための代表的な評価軸としては、(1)権威主義、(2)暖かさと支持、(3)リスク・テーキングへの志向性、(4)対立に対する寛容さ、(5)責任感、(6)人びとの間の協力性、(7)構造、(8)信賞・必罰への志向性がある。これらの組織風土の評価軸の各要素は、個々のメンバーが組織の状態や自分