総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

社内FA制度

人材育成・研修用語:社内FA制度

社内FA(フリー・エージェント)制度は、人事異動の制度のひとつである。スポーツ選手のFA制度と同様、社員を希望する部署に異動させる制度であり、社員自身が異動先の部署を指定して申告することができる、社員主体の制度である。
多くの企業では資格要件が設定されており、異動先の部署において当人の適性やこれまでの経歴などが、求めている人材ニーズに適合するか検討し、適合すると判断された場合、異動が決定する。異動先で人材ニーズがあるかどうかに関わらず申告することができる点において「社内公募制度」とは異なり、社員本人の意思表示が直接反映されるという点において「自己申告制度」とも異なる。

「自律(立)的な社員を育成する」、「人材の流動化によって組織を活性化する」など、社内FA制度には多くのメリットがある一方、異動希望申告(FA宣言)が上司を経由せずに直接人事部に出されるため、直属の上司は希望者の異動を異動決定後にしか知ることが出来ないという問題がある。また、制度が適切に運営されるためには、企業・団体側は社内の部門・職種・職務の内容を全社に明示したり、希望者に適する部署を紹介する機能を準備する必要がある。制度を形骸化させないためには、成功事例を出していくことも重要になる。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)