総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

社会的知性(SQ)

人材育成・研修用語:社会的知性(Social Intelligence Quotient)

対人関係の知性であり、リーダーシップにおいて成功をおさめるうえで極めて重要な能力とされているのが,「社会的知性(Social Intelligence Quotient)」である。心理学者ダニエル・ゴールマンが広めた考え方だが,元々は心理学者エドワード・ソーンダイクが1920年に提唱した概念である。
ソーンダイクは「人々を理解し管理する能力であり、人間の世界でうまく生きていくために誰もが必要とするスキル」と定義しているが,その意味の中には他人を利用して自分の利益を得るといった内容が含まれていたため、ゴールマンが「他者との関係において高い知性を発揮する能力」と再定義している。
社会的知性は、「社会的意識」(他者の感情や意図について何かを感じとれるか)と「社会的才覚」(他者のことを認識したうえで,どううまく行動するか)の2つに分類できる。「社会的意識」には、相手の内面を即座に感知する能力から、他者の感情や思考を理解する能力、そして複雑な社会状況を把握する能力まで、広範な人間関係の認識が含まれる。ただし、豊かな人間関係を築くためには、他者の感情や思考を理解するだけでは不十分である。「社会的意識」に,巧みに行動する「社会的才覚」が加わってはじめて、円滑で有効な関係を築くことができる。
「社会的知性(SQ)」は,「情動的知性(EQ)」を拡張した考え方であり、EQは「人間の内面を観る能力」,SQは「人間関係を観る能力」と表現することができる。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。