総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

考課者訓練

人材育成・研修用語:考課者訓練

考課者訓練とは、人事考課において、考課者の役割を担う担当者に対する教育訓練のことをさす。評定者訓練、評価者訓練とも言う。信頼性や公平性の高い人事考課を行なうには、適切な制度を策定し、適切な評価要素を設定するだけでなく、実際に評価を行なう担当者の評価スキルの研鑽が必要不可欠である。

人が人を評価する限り、評価エラーや評定誤差と呼ばれる評価の誤りや偏りを避けては通れない。考課を行なう際に陥りやすいエラーの代表的なものとしては、恒常誤差〔寛大化傾向(日ごろの人間関係などから評価が実際よりも高くなってしまう傾向)、中心化傾向(対象者に関する情報の不足や考課者の能力不足から評価が尺度の中央に偏る傾向)〕、ハロー効果(ひとつの目立つ良い/悪い評価要素に影響され、他のものも良く/悪く評価されてしまうこと)、論理的誤差(考課とは関係のない特性などを評価票素と論理的に関係があると思い込み、考課に反映させてしまうこと)、対比誤差(考課者自身の価値基準で評価してしまうこと)、近接誤差(時間的に近接して評価を行なった要素の評価結果が類似しやすいこと)などがある。

一般的に、考課者訓練では、こうしたエラーを理解して評価スキルを向上させるほか、考課要素の意義および着眼点を理解し基準を統一させる、人事考課制度全体に関する理解を深めることなどを目的とした取り組みを行なうとともに、考課結果を対象者にフィードバックする際の方法についても、レクチャーや担当者同士のディスカッション、ケース・スタディロールプレイなどを通じて訓練する。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー