総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

キャリアアンカー

人材育成・研修用語:キャリアアンカー

アメリカの組織心理学者エドガー・H・シャインによって提唱された概念。長い職業生活の中でキャリアの方向性に迷いが生じたときに、これまでの経験を振り返り、新たなキャリア選択を始める際の拠り所となるもの。
キャリア・アンカーは「成功体験に基づいて自覚された才能や能力」、「さまざまな場面での自己診断や他者からの評価に基づいて自覚された動機と欲求」、「自身の考え方と、働く集団・組織や仕事環境の規範および価値との衝突の経験に基づき自覚された態度や価値」の3つの要素で構成され、具体的には次の8つがある。

(1)専門能力、(2)経営管理能力、(3)安定、(4)起業家的創造性、(5)自律、(6)社会への貢献、(7)ライフスタイル、(8)挑戦

キャリア・アンカーは、流された船を錨(アンカー)が引き戻すように、能力や動機、価値が充足されそうにない仕事内容や環境で迷ったり悩んだりしているときには、それらが充足されそうな仕事内容や環境にその人の目を向けさせ、キャリアに関する進路の選択や決定を方向づけるように作用する。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録