総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

インターンシップ

人材育成・研修用語:インターンシップ

インターンシップ(internship)とは、就職前にインターンシップ生として会社に入り、就業体験を行う制度のことである。大学などの教育機関と、企業・官公庁などが協力して行う産学官連携教育の1つであり、実際に会社の中に入って仕事を行うことで、より深く会社のこと知ることができる。
インターンシップでは「就業体験の獲得」「企業や社会のことを知る」「自分の適性を把握する」などを主目的としており、基本的に無給であるため、アルバイトとは異なる。文部科学省のホームページによると、「学生が在学中に自らの専攻、将来のキャリアに関連した“就業体験”を行うこと」と定義している。

インターンシップ制の発祥はアメリカであり、一定期間の就業体験を経ることで、就職や転職における雇用のミスマッチにより早期離職を防ぐ目的で実施されていた。日本では、大学3年生が就職活動の一環として参加することが多いが、就職活動を終えた大学4年生が就職後の職場への素早い適応を考えて参加することもある。参加期間は短期の場合と長期の場合があり、短期インターンでは「グループワーク」や「ディスカッション」「先輩社員との同行」等がメインとなり、長期インターンでは実際に正社員と同じように働くといった体験を行う。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。