総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

インストラクション

人材育成・研修用語:インストラクション

R.ガニエによれば、インストラクションとは、「学習者の内部で起こる学習活動を活性化させるために外部の学習環境を整えること」をいう。

教育工学に基づいた観点では、インストラクションは、目標との関連で受講者に期待される学習が起こるように学習環境をシステムとして設計し、そのシステムを運用、すなわちインストラクションを実施し、評価するという一連の流れで成り立っている。

インストラクションの設計段階は、5つのプロセスから成立する((1)学習目標の設定、(2)目標の明確化と下方展開、(3)学習内容の構造化、(4)学習活動の系列化、(5)指導計画の立案)。運用段階では、2つのプロセスから成立する((6)インストラクションの実施、(7)インストラクションの評価)。

インストラクションを実践するインストラクターには、5つの役割が求められる。(1)意図的・計画的に学習の設計を行う「デザイナー」、(2)受講者の学習意欲を喚起する「モチベーター」、(3)組織目標と個人目標を統合させる「オルガナイザー」、(4)教育の効果性を評価する「エバリューター」、(5)これらを受講者の意思疎通する「コミュニケーター」の5つである。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録