総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

OST

人材育成・研修用語:OST(Open Space Technology)

OSTとは、会議において参加者の主体性を引き出すための手法で、1985年、ハリソン・オーウェンによって開発された。商品開発や企業の合併、組織の活性化などにも活用され、世界中の企業で多くの実績がある。

特徴は、参加者の主体性を引き出すために、会議の議題をあらかじめ設けず、参加者が自分たちで議題を決めるというプロセスが含まれていることである。参加者自身が話し合いたいテーマを紙に書いて壁に貼り、議論のメンバーを募り、チームに分かれて話し合いを行う。また、話し合いの途中で興味がなくなったり、違うテーマに興味が出てきた場合には、チームを変えることも、新たにテーマを掲げることも許されている。(=open space:開かれた場)

このような特徴的な進め方は、同氏が西アフリカのある村に滞在した経験を基に考案された。その村では何かを決めるとき、人々が車座になって話し合っていたことから、OSTを実施する際も、参加者の座席配置は円形が基本である。車座になることによって、場の中心を認識し、互いに顔を見合わせ、発言の順番や順位を無くし、立場や上下関係から参加者を解放することができる。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録