総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ST

人材育成・研修用語:ST(sensitivity training)

感受性訓練のことだが、STという呼び方のほうが一般的である。

ST(センシティビティ・トレーニング)は、1947年に行われたアメリカの全米教育協会の実験セミナーの中から生まれてきたもので、クルト・レヴィンの「場の理論」が背景にある。

字のごとく、人間行動の知的な理解でなく、集団の相互作用を通じて対人的共感性を高めていく体験技法をさす。具体的にいえば、自己の感情が他人に与える影響や、他人との交流のしかたなどを、体験を通じて肌で学び取っていく研修技法である。

この技法は組織開発の技法として位置づけられることもあるが、独立した技法としても十分活用が可能である。

直接的フィードバックだけで研修が進められる特殊な研修であるため、専門団体で実施するか、専門的な講師やトレーナーに依頼しなければならない。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。