総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

PERT

人材育成・研修用語:PERT(program evaluation and review technique)

特定のプロジェクトの実施に際し、その日程や手順を計画的に管理していく手法をいう。

1958年、アメリカ海軍とロッキード社のミサイル宇宙開発部によるポラリスプログラムに採用されたのが最初で、日本では1962年(昭和37年)ごろから、造船業や建設業などで採用されるようになった。仕事の管理面に用いられることが多く、主として日課管理や配置管理、機材管理などに利用されている。

PERTは、アクティビティー(作業)を矢線(アロー)、作業の開始・終了をイベント、関連のみを示すダミー(点線アロー)の3つの記号でネットワークを組みながら表示していく。また、余裕時間なしの経路をクリティカルパスとして表示する。

研修では、計画の技法として位置づけられるが、最近では簡略型のPERTを教えているところも多い。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録