総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

OJT

人材育成・研修用語:OJT(on the job training)

OJTは一般的に「職場内教育」と訳され、職場において管理者や先輩が部下や後輩に対し、1対1で仕事に必要な能力(知識・技能・態度)を計画的・重点的・段階的に指導育成することを指す。これに対比されるのがOff-JTで、職場から離れて講師が受講者集団に対して行う集合教育を指す。

OJTの目的は、職場メンバーの指導育成を通じた職場の業績目標の達成である。しかし近年、組織を取り巻く環境変化に伴い、各職場にも独創性・迅速性・柔軟性が要請されるとともに、管理者のプレイングマネジャー化、管理業務の増大により、管理者が一層多忙になっているため、管理者の活動限界を克服するシステムによるマネジメントが課題となっている。また、職場メンバー一人ひとりの自律的で主体的な行動、職場集団が能力開発するための学習する組織の構築が求められている。こうした背景をもとに生まれた人材開発の方法論が、OJD(On the Job Development)である。

OJDは、職場の目標達成と人材開発を統合するマネジメントを機能させることを目的とし、OJTとOJL(On the Job Learninmg)という2つの領域から成り立つと考える。OJTが直接的な働きかけによる人材開発であるのに対し、OJLは職場の学習環境整備、具体的には学習が起こる経験の場づくり、職務の再設計と割り当て、学習を促進するしくみやルールづくりを通じて影響力を発揮する、間接的な働きかけによる人材開発である。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。