総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

Off-JT

人材育成・研修用語:Off-JT(off the job training)

「職場外教育」と訳され、一般的にOJTSD(自己啓発)とともに教育の3本柱に当たるものとされている。具体的には「仕事の場を離れ、外部講師や社内インストラクターが講師となり、仕事に共通して必要な事柄や基本的知識、技能を集合で教えていく教育」をさす。集合で行うため、「集合教育」とうい呼び方をすることもある。

新入社員教育、中堅社員教育、監督者教育、管理者教育、経営者教育などの階層別教育と、営業や生産、研究開発などを対象とした職能別教育、事業課題などの中から出てきた課題別教育に大別される。

集合教育は本来はSDとともにOJTをバックアップする機能であり、相互に関連づけて実施していかなければならない。職場内教育の効果を上げるためには、職場のニーズに基づき、体系的に実施しなければならない