総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

MTP

人材育成・研修用語:MTP(Management Training Program)

管理者訓練計画ともいうが、MTPという呼び方のほうが一般的である。1950年(昭和25年)に、駐留軍が極東空軍で働く日本人管理者のために作成した管理者訓練コースのことで、その後通産省を通じて産業界に紹介された。TWI、JSTとともに、戦後の日本を代表する管理者研修の1つである。

MTPは、①管理能力の強化、②部下の動機づけ、③生産性の向上を目的に、「管理の基礎」「仕事の改善」「人間関係」「管理の展開」「仕事の管理」「部下の教育訓練」といった内容について教えていく。1会合2時間、6部編成で、全20会合、合計40時間で、TWIと同様、会議形式で研修を進める。

推進団体は日本産業訓練協会で、インストラクター養成を行っているほか、研究会を設けて定期的に内容の改定を行っている。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る