総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

eラーニング

人材育成・研修用語:eラーニング(e-Learning)

PCとインターネットを中心とするIT技術を活用した教育システムをeラーニングと呼びます。米国をはじめとして世界各国で研究が行われていたCAI(Computer Aided Instruction(コンピュータによる支援教育))は、当初、教材をCD-ROMなどで配布する形体が主流でしたが、配布コスト、配布後の内容修正の困難さ、学習進捗の一括管理の難しさ等の問題がありました。

その後、インターネットや企業内のネットワークの広がりと共に、教材をインターネットで配信するWBT(Web Based Training)や、学習者のコンテンツ管理やスキル目標の設定、学習進捗状況等を一元的に行う機能を提供するLMS(Learning Management system(学習管理システム))を使用したシステムが主流となっています。eラーニングは、講師と学習者が教室に集まる集合教育と違って、時間と場所の制約を受けませんので、コンピュータとネットワークさえあれば、いつでもどこでも学ぶことが可能です。

その他にもeラーニングのメリットとして、
  ・講師の質の違いに学習者が影響されない
  ・個々の進捗にあわせて、何度でも繰り返し学習ができる
  ・学習者の理解にあわせたきめ細かな学習の設定ができる
  ・最新の内容を早く、安価に配信できる
  ・多くの学習者に同一の教材を一律に提供できることができる
  ・職場を離れずにすむので、集合研修に比べて、時間・間接コストの削減ができる
  等があげられます。

しかし、eラーニングが今後すべての集合研修に置き換えられるものではありません。実際に、ブレンディッド・ラーニング(Blended Learning)と呼ばれるeラーニングと集合研修を組み合わせた形態は、eラーニング単独で実施するケースに比べて教育効果面で成功を収めている例が多く報告されています。eラーニングに適した学習と適していない学習を見極めて、それに応じた形態や方式を使い分けることが重要になります。また、eラーニングは、特に企業内において、単なる教育のツールとしてだけでなく、ナレッジ・マネジメントやパフォーマンス・サポート・システムのインフラとしても期待されています。

出典:「eラーニング用語集」日本イーラーニングコンソシアム編、2003年
  http://www.elc.or.jp/index.htm

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。