総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

CDP

人材育成・研修用語:CDP(career development program)

社員1人ひとりのキャリア形成を、中長期的な視点で支援していくための仕組みのこと。数年先から10数年先のキャリア目標を定め、達成するために必要なスキルや知識、経験をプランニングする。教育研修にという形態だけでなく、個人の能力や希望、適性を踏まえて、育成的な目標設定や人事異動、OJT、Off-JT、社外での自己啓発など、多様な実践と組み合わせて、総合的に能力・職務開発を進めることが求められる。

伝統的なキャリア・デベロップメントの考え方としては、組織側は「組織が、その目標達成に向けて構成員のキャリアを開発する」、個人側は「組織内での自分のキャリアプランニングをする」というものであったが、ポストも限られ賃金の上昇も保障されていない今日においては、組織側は「組織の成果を達成するために、個人のニーズと組織の人材戦略としてのキャリア開発を調和させる」、個人側は「組織に留まることを前提とせず、人生の方向性や価値観に沿うように自身のキャリア形成を管理する」という考え方に変化してきている。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録