総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

欲求段階説

人材育成・研修用語:欲求段階説

欲求は、行動を起こさせる動因のもとになるものである。A.H.マズローは、人間の欲求は並列的に並んでいるのではなく、低次の段階から、その充足度により高次の段階へと段階的に成長していくという説を唱えた。これを欲求段階説、あるいは欲求5段階説という。

5段階とは、1)生理的欲求:眠りたい、食べたいといった人間が本能的に持っている欲求、2)安全の欲求:生命の危機にひんしたときに、それから逃れたいという欲求、3)帰属愛情の欲求:人に好かれたい、愛されたい、集団に属していたいという欲求、4)自尊(尊敬)の欲求:人から認められたい、尊敬されたいという欲求、5)自己実現の欲求:思うとおりの自分を実現したい、自分を生かしたいという欲求をいう。

マズローは、低次の欲求が満たされない限り、高次な欲求は行動には表れず、すでに満たされた欲求すらも行動に結びつかなくなるといっている。

研修では、動機づけのところで説明することが多い。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録