総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

プロ人材

人材育成・研修用語:プロ人材

プロ人材とは、プロフェッショナル人材を略した呼び方である。また、医師や法律家といった専門職をさす伝統的なプロフェッショナルとは区別する意味から、企業内プロフェッショナルあるいはビジネスプロフェッショナルなどと称されることもある。

一般的にプロ人材とは、高度な専門性を活用し、複雑化・多様化する組織や顧客のニーズに応え、中長期的に安定して成果を出し続けていくことができる人材をさす。加えてプロ人材の特徴として、プロとしてのキャリアを自ら構築していこうとする意識が高く、組織よりも仕事そのものにコミットし、仕事を通じて自己実現を図ろうとする意欲を持っている点が挙げられる。

特に近年、人材流動性が高まり、エンプロイヤビリティが注目されている中で、組織に利益をもたらすプロ人材は富の源泉であり、市場価値の高い人材と言える。

プロ人材への関心が高まった背景には、多くの日本企業が激変する環境変化に直面し、グローバル化する市場競争で勝ち残るために、高い付加価値を新たに生み出せる能力を持つ人材を求めるようになってきたことがある。同時に個人の側にも、終身雇用に基づくキャリア・パスの崩壊や成果主義の浸透が進むとともに、プロを志向する人々が増えてきた。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム