総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ブレインストーミング

人材育成・研修用語:ブレインストーミング(brain storming)

ブレインストーミングは1938年、アメリカの広告代理店の副社長であったA.F.オズボーンが考えた会議法、創造性開発技法で、ある問題に対し、集団の効果を生かしながら自由奔放にアイデアを出し合う発想会議をいう。ブレインストーミングは、リーダー、セクレタリー(記録係)のほか、10人前後の参加者(「ストーマー」と呼ぶ)で行われ、簡略化して、「ブレスト」とか「BS」という呼び方もする。

普通の会議と違う点は、1)良い悪いという判断お断り、2)自由奔放歓迎、3)アイデアの量を求む、4)他人のアイデアの改善・結合を求む、の4つの規則を守って行うところにある。

ブレインストーミングは集団の発想法だが、会議への適用も可能であるので、通常の仕事の中でも活用されている。ただし、意思決定、調整などの会議には適さない。(田中)