総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

フィッシュボール

人材育成・研修用語:フィッシュボール(fish bowl)

フィッシュボールは、日本語に訳すと「金魚鉢会議」になるが、字のごとく、討議するグループ(金魚)と観察するグループの2つに分かれ、相互に討議の進め方や相互作用の実態を観察し合い、組織活動に必要な要因を理解したり、コミュニケーションの技術を強化していく手法をいう。

この技法のよさは、討議者と観察者が、実際に起こった状況を率直にフィードバックし合いながら、問題点を明らかにしていくところにある。

話し方や聞き方のコミュニケーション・スキルを高める技法としての活用範囲は広いが、組織開発の中で用いられることもある。

この手法は独立した手法ではないので、対人能力の強化として組み込まれることが多い。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る