総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

年功主義

人材育成・研修用語:年功主義

年齢や勤続年数に応じて給与や賞与などの報酬や昇格・昇進が行われる人事制度の考え方のことである。

日本的経営の三種の神器として、「年功序列」「終身雇用」「企業内組合」が挙げられているが、それらの1つである「年功序列」の意味とほぼ同じである。従業員にとって、勤続年数に比例して報酬や処遇がアップするという制度は、従業員の結婚、子供の教育・進学、住宅の購入といったライフサイクルから見て将来の生活設計が描きやすく、安心して働ける利点があった。そのため、1つの企業に長く所属する動機づけにもなった。また、企業にとっては、長期間企業に在籍する従業員が多くなるため、企業特殊的技能を身につけた社員が増えるというメリットがあった。

一方で年功主義は、成果という観点で処遇を行わないため、成果創出に対する従業員のモチベーションを向上させないというデメリットも存在する。また、競争環境のグローバル化などによって企業の収益が圧迫される中で、社員の中での高年齢層の割合が増えてくると、企業収益が人件費によって大きく圧迫されてくる。そのため、企業の財務的な状況や社員のモチベーション維持の観点から、近年、大きな見直しを迫られ、年功主義人事から成果主義人事に大きくシフトしてきている。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム