総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

定型訓練

人材育成・研修用語:定型訓練

この言葉は1950年(昭和25年)以後、TWIやMTPが実施されるようになってから使われ始めた。訓練の種類には、定型訓練、準定型訓練、非定型訓練があるが、定型訓練は研修の進め方、手順、時間、用いる教材、チャートなどがあらかじめ決められていて、その手順どおりに進める形式の訓練をいう。

通常は、講師用のマニュアル、受講者用のシートが完備されており、それに基づいて進めるのが一般的である。したがって、訓練を実施するにあたっては、講師となる人がリーダー養成コースに参加して、進め方を理解したうえで実施しなければならない。

非定型訓練はこれとは逆で、特定の手順や教材の選択は講師に任せ、その裁量によって進めていくものをさす。したがって、特定のマニュアルはない。準定型訓練は、その中間のものをいう。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る