総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ジョブ・ローテーション

人材育成・研修用語:ジョブ・ローテーション(job rotation)

配置転換のことであるが、単なる配置換えではなく、メンバーの将来を見通した育成計画を立案し、それに基づいて必要な時期に必要な職務を計画的に体験させる人事管理上のしくみをさす。仕事の中身を変えるというより、職群の異なったところへのローテーション、同種の職群の中で異なった職務へのローテーション、あるいは同じ職群でも場所的に異なったところへのローテーションのことをいう。

ローテーションは、管理者、人事部などの人事権により発令されるのが普通だが、社メンバーは正当な理由がなければ、その発令に従わなければならない。

このようにジョブ・ローテーションは、業務上の都合で行われることも多く見られるが、基本的にはCDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)に位置づけられて行われるのが望ましい。したがって、人事と教育(育成)の両面から長期的観点に立って検討していかなければならない。

このジョブ・ローテーションは、幹部の育成と能力開発に欠かせない制度である。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録