総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ジョハリの窓

「ジョハリ」とは、考案者であるジョセフ・ラフトとハリー・インガムの名前からつけられたもので、別名「心の窓」「心の4つの窓」ともいう。

対人認知の訓練や対人関係能力強化研修の中で活用されている。

具体的には、自分と相手との対人関係における心の状態には、自分は知っていて相手からも知られている領域である「開かれた窓」、自分は知っていても相手には隠している領域である「隠された窓」、自分にはわからないが相手からはよく見える領域である「見えざる窓」、自分にも相手にも知られていない領域である「暗黒の窓」の4つの窓があるとしている。 そして、対人関係を向上していくためには、「開かれた窓」を拡大していくことが重要であるとする。そのためには、積極的に自己を開示する必要があり、それが相手の心の開示を呼び起こす。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る