総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

教育ゲーム

人材育成・研修用語:教育ゲーム

教育ゲームは、「実際の状況下で起こりうる出来事を模擬的に体験しながら、その事実や対応のしかたを学び取っていく技法」で、体験学習技法の1つに入る。ただ、操作された模擬場面の中で体験していくため、前出のST(感受性訓練)のような直接的体験技法とはやや趣を異にする。

ゲームというと「遊び」を連想してしまうため、軽くみる人もいるが、ゲームを通じて事実を通じて仕事の原理原則を証明したり、間接的な体験をさせる技法と思えばよさがわかるだろう。ただし、ゲームは現実から離れた体験であるため、教育内容に結びつける操作が必要になってくる。

ゲームには、対象に応じてコミュニケーションゲーム、イメージ交換ゲーム、インフォメーションゲーム、協力ゲーム、計画ゲーム、組織ゲームなどさまざまなものがある。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所