総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

キャリア開発

人材育成・研修用語:キャリア開発

キャリア開発(キャリア・ディベロップメント)とは、入社以降個人が歩むキャリアについて、どのような能力を開発し、どのような仕事に、どのようなタイミングで配置転換させていくのかなど、組織が長期的・体系的な計画を作り、個人のキャリア形成を支援していくための環境を整備する考え方である。そしてその計画を具体的にプログラム化したものをCDP(キャリア・ディベロップメント・プログラム)という。CDPには、自己申告制度や社内公募制度ジョブ・ローテーションカフェテリアプランなどが挙げられる。また社内外のキャリア・カウンセラーを活用する企業も徐々に増えている。

企業がCDPを導入した当初、キャリア開発は組織側が責任と権限を持って主導してきた側面が強かった。しかし、バブル経済崩壊後、雇用のあり方も変わり、組織と個人の関係が多様化する中で、個人のキャリア形成に組織主導のCDPだけで対応するのは難しくなってきているのが現状である。そこでキャリア開発の考え方も、個人の自律性と自己責任に基づく個人主導の意味合いが強いものに変わってきている。

また、労働市場が流動化し、エンプロイヤビリティが注目される中、国の政策としても、キャリア・コンサルタントの育成や、キャリア形成・教育訓練のための給付金制度など、キャリア開発を支援する環境を整えてきている。

キャリア開発に近い考え方に、キャリアデザインという言葉がある。キャリアデザインは、個人がキャリアを選び取っていくという考え方に基づいている。また、役職に関わらず、組織で働く者すべてにキャリアの発想が重要との観点から、対象となる個人の範囲が広いとされる。一般的なキャリア研修に加え、再就職のためのセカンドキャリア研修や、退職後を見据えたライフキャリア研修などがその例である。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録