総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

インシデント・プロセス

人材育成・研修用語:インシデント・プロセス(Incident Process)

マサチューセッツ工科大学(MIT)教授のポール・ピゴーズ、フェイス・ピゴーズ夫妻が考えたケースメソッドの変型版をいう。

この手法は、管理監督者を対象とした問題解決や、意志決定研修やヒューマン・アセスメント研修に組み込まれることが多い。

ケースメソッドと同じく問題解決型の事例研究だが、ケースメソッドが出来事と背後の事実が事前に提示されるのに対し、インシデント・プロセスでは、出来事(インシデント)だけが提示され、背後にある事実関係や情報は、質問することで収集していくという進め方をする。

ケースメソッドのように膨大なケースを読まなくても、質問によりしだいに事実や現象が浮き彫りになっていくところから、受講者にとっては興味のわく事例研究といえよう。

今日では、インシデント・プロセスのバリエーションがいろいろ現れてきており、それらと区別するため、この伝統的な方式を「ピゴーズ・インシデント・プロセス(PIP)」と呼ぶことがある。(田中)

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。