総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

「きき酒師」受験

  • コンピュータ採点型
  • 再受講不可

コースコード

B5T0

受講料

33,940

受講期間

3か月

在籍期間

6か月

導入のポイント

近年の日本酒ブームから、仕事でもプライベートでも役立てることができる「きき酒師」が注目を集めています。
「きき酒師」は、NPO法人FBO(Food&Beverage Specialists Organization )の公認で、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が実施・認定する民間資格です。主にホテルや飲食店、流通・小売業等において日本酒の香りや味わいなどを分りやすく説明したり、お客様の好みや料理、その日の体調などを的確にとらえ、最もマッチした日本酒を提供できるいわば日本酒のプロフェッショナルであり、ソムリエです。
本コースは、このような幅広い知識とサービス力を身につけた日本酒のプロを養成し、資格の取得を目指すコースです。

主な対象者

・「きき酒師」の認定資格取得を目指す方
・「きき酒師」に関する幅広い知識を体系的に身につけたい方
・日本酒の販売・サービスについて理解を深め、仕事に活かしたい方

ねらい

■酒類全般・食品・サービスの基礎知識から日本酒のサービスに関するノウハウまで、顧客に提供するための日本酒の知識を総合的に身につけます。
■飲み手の好みや要望を察知し、日本酒の楽しみ方を提供できるプロフェッショナルを目指します。
■「きき酒師」の認定試験に的を絞った学習で、資格取得を目指します。

特色

■日本酒に関する基礎知識の習得から「きき酒師」の認定試験受験まで、目的に応じて幅広く活用できるコースです。
■本コースは、資格認定団体の日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)・公認団体のNPO法人FBOの教材を使用しており、認定試験に準拠しています。
■好みの日本酒を選び、飲み方や料理の組み合わせを提案したり、適した酒器を選ぶなどのアドバイスができる力が身につき、仕事でもプライベートでも役立てることができます。
■本コースの修了者は、所定の手続きを取ることで、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が認定する「日本酒ナビゲーター」の認定を、無料で得ることができます。

教材構成

●テキスト 2冊
●DVD 5枚
●学習の進め方
●「日本酒ナビゲーター」認定登録用紙
●添削 3回 (Web提出可)

カリキュラム

01
もてなしの基(もとい)

1.もてなしの基
2.食品・飲料の基礎知識
3.食品・飲料の文化
4.テイスティング
5.マネジメント

02
日本酒の基(もとい)

1.日本酒の原料 
2.日本酒の製造方法
3.日本酒の表示方法
4.日本酒の歴史
5.日本酒のテイスティング
6.日本酒の提供方法とサービス
7.日本酒のセールスプロモーション

DVD 5枚

1.もてなしの基
2~5.日本酒の基

特記事項

※ご受講は満20歳以上の方に限ります。

※きき酒師 認定試験合格後の資格認定について
・資格の認定には、認定料25,000円、NPO法人FBO入会金19,000円および初年度年会費15,900円が必要です。 (金額は変更となる場合があります。)
・認定後には認定証・認定バッジに加え、「(日本酒)品質鑑定士」と、食品、飲料の総合的な知識を持った「F&Bナビゲーター」の認定証が発行されます。
・年度ごとの認定番号入り「認定会員カード」が発行されます。
・会員特典としては、関連資格取得時の受講料等の割引、一部資格の一次試験免除、スキルアップに活用できるイベント、セミナーへの参加、「会報誌」送付、メールマガジンの配信などがあります。
・詳細は、資格認定団体(日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI))に、産業能率大学で受講の旨を伝え、お問い合わせください。Tel.03-5615-8205

※ご受講にあたって
・「きき酒師」の取得には、本コースの修了後に、 別途、認定試験の受験が必要(受験料別途要)で、合格後の資格認定には、認定料、NPO法人FBOへの入会金、および年会費が必要です。また認定資格の維持のためには毎年、NPO法人FBOの年会費の支払いが必須となります。あらかじめご了承の上で、お申し込みください。
・「きき酒師」の認定試験受験は、任意です。
・本コースは、資格認定団体の日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)・公認団体のNPO法人FBO(料飲専門団体連合会)の教材を使用しており、認定試験に準拠しています。
・本コースの教材は「焼酎きき酒師受験(第1分冊)」と共通の教材を使用しています。

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務