総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

匠シリーズ 現場の安全衛生を極める

  • コンピュータ採点型

コースコード

A9M0

受講料

17,280

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

導入のポイント

生産現場では、品質の良い製品をより安く、早くつくることが求められていますが、その前提となっているのは、現場の安全や従業員の健康です。このコースは、生産現場に不可欠な安全衛生に関する基本事項を習得し、現場のリーダーとして、職場の安全衛生の確保や災害防止のためにメンバーをリードするために最適のものです。

主な対象者

生産現場(職場)のリーダー、作業長、班長など現場管理の責任者、監督者、および、現場の安全衛生を体系的に学びたい方

ねらい

■製造業における安全衛生活動の意義や重要性を理解します。
■現場の安全衛生についての基本的な考え方や進め方を理解します。
■災害防止のための対策について具体的に学習します。

特色

■安全衛生に関する基本事項を体系的に学ぶため、はじめて学習する方でも無理なく理解することができます。
■災害防止のための対策を、人、設備、作業、環境、管理の5つの側面から、具体的な事例を通して分かりやすく解説しています。
■災害防止の対策に関する事例は、日常業務に直ちに役立てることができます。

教材構成

●テキスト 2冊
●添削 2回 (Web提出可)

カリキュラム

01
安全衛生の考え方・進め方

1.安全衛生とは何か
・安全衛生はなぜ重要なのか?
・生産現場と安全衛生
・安全衛生と企業の責務
2.安全衛生管理の進め方
・安全衛生管理とは何か
・安全衛生管理体制
・安全衛生管理規程・管理計画
・安全衛生教育の進め方
3.災害防止の考え方
・災害防止の原則
・安全衛生管理の基本4つのM
・異常時、緊急時に備える
4.リスクアセスメント
・基本的な考え方
・リスクアセスメントの手順
・生産現場への活用
5.労働安全衛生マネジメントシステム
・労働安全衛生マネジメントシステムとは何か
・システムの構成とその導入

02
現場における災害防止の実践

1.人的対策
・人の行動特性を理解する
・人的対策の考え方
・安全衛生活動への動機付け
・体調の維持
2.設備面の対策
・機械設備の安全対策
・機械設備の点検を徹底する
・現場で見られる災害とその対策
3.作業面の対策
・作業方法の安全化
・作業方法の改善
・作業現場で見られる災害とその対策
4.環境面の対策
・働きやすい作業場の確保
・職場環境の改善
・有害な作業環境の改善
・有害物質による疾病の防止
・保護具を装備する
5.管理面の対策
・安全衛生パトロール
・現場における人の管理
・健康の維持
・職場の自主活動

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。