総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

いまさら聞けない ビジネス常識AtoZ

  • eTextあり
  • 講師添削+コンピュータ採点型

コースコード

A1V0

受講料

8,640

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

導入のポイント

ビジネス常識を問われるのは新入社員や若手社員に限りません。とくに社外の人との折衝や交流場面ではビジネス常識を知っていること、行動できることが前提です。本コースでは新入社員や若手社員に限らず、中堅社員までを主な受講者として、マナーを含めたビジネス常識を身につけていきます。

主な対象者

新入社員~中堅社員

ねらい

■仕事のルールをはじめ、ビジネスパーソンとして必要な基本知識を学びます。
■あいさつ、電話の受け方・かけ方など、ビジネスをスムーズに進めるための基本的マナーを身につけます。
■慶事・弔事のマナーなど、ビジネスシーン以外でのマナーや一般常識もおさえます。
■意外とむずかしい「上司への報告のタイミング」、「会議の司会進行」、「会社を代表して葬儀への参列」など、いざというときのために役立つ情報が満載です。

特色

■社会人であればできて当たり前のことを整理したハンドブックは、小さくて持ち運びにも便利です。(ビジネスハンドブック・B6判変型)
■ケースを通して社会人としての常識を身につけるポイントを確認できます。
■カリキュラムにしたがって学習することで、ビジネス常識の定着をはかることができます。

教材構成

●テキスト 2冊
●添削 2回(コンピュータ採点型+講師添削型 いずれもWeb提出可)
【eTextあり】
テキスト(ビジネスハンドブックとケースブック)は、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。

カリキュラム

01
ビジネスハンドブック

1.ビジネスの基本知識
(仕事のルール/職場のルール/ビジネス文書の書き方/会議のポイント/情報機器の活用/スキルアップの方法)
2.ビジネスの基本マナー
(あいさつと話し方/電話の受け方・かけ方/訪問の方法/来客の応対)
3.ビジネスパーソンの生活情報
(慶事のマナー/弔事のマナー/いろいろなお付き合い)

02
ケースブック

いくつかのビジネスシーンをモデルに、社会人としてどう行動すべきか、ハンドブックと照らし合わせながらビジネス常識の必要性を認識または再確認する。
Case1 職場のコミュニケーション
Case2 報告・連絡・相談
Case3 会議の進め方
Case4 取引先の訃報

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

関連情報

中堅社員の能力開発
中堅社員育成に最適な教育・診断サービスを提供します。