総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

数字で考える力を鍛える

  • eTextあり
  • 講師添削+コンピュータ採点型

コースコード

A9Y0

受講料

12,960

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

導入のポイント

社員の計数感覚の養成は教育の大きなテーマです。しかし、数字に苦手意識のある社員に対して、会計手続きや理論中心の教育をしても期待した成果を挙げることができません。本コースでは、図表やケースを多く用いているので、それぞれの数字について、しっかりとしたイメージをつかんでいただくことができます。その上でマクロの(経済)数字からミクロの(業務で使う)数字にむけて関連付けていますので、効率的かつ興味深く学習していただくことができます。

主な対象者

会社の数字を効率的に理解したい方、会計等の学習に苦手意識を持っている方

ねらい

■テキストでは、まず数字について苦手意識を取り除き、理解するコツをつかんでいただきます。その上でビジネスに使う基本的な数字について、「わかる」ことを目指します。
■サブテキストでは、日常遭遇しそうなケースをもとに、経済と決算書の基本的な数字については読めることを目指します。またビジネスパーソンにとって特に重要な利益とコストの数字については、使うためのコツをつかむことを目指します。

特色

■数字を使って客観的に状況をとらえ、将来を予測した上で、問題解決につなげるコツをつかむことができます。
■会計手続きや統計手法は極力少なくし、図表やケースなど数多く盛り込むことで、数字の意味についてしっかりとイメージしたうえで理解ができます。
■難易度や関連単元が記載されているので、各自の学習目的やレベルにあわせた効率的な学習をすることができます。

教材構成

●テキスト 1冊
●サブテキスト 1冊
●添削 2回
【eTextあり】
テキストおよびサブテキストは、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。

カリキュラム

01
数字で考える力を鍛える

1.数字で新たな発見ができる
2.経済の数字がわかる
3.売上と価格設定がわかる
4.経営の数字がわかる
5.利益・コストマインドが身につく

サブテキスト
数字で考えるためのケーストレーニングブック

1.数字を使うと得をする
2.GDPと景気の関係
3.販売予測
4.特売商品を検討する
5.自社の財務諸表の分析
6.どの取引が有利か
7.業務委託の是非
8.作業割り当てを考える ほか

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート