総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ネットチューターなし 人材マネジメント戦略

  • 講師添削型

コースコード

A1D1

受講料

23,760

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

導入のポイント

年齢・階層を問わず、将来の経営幹部をめざす方々が、人的資源管理論のフレームワークを活用しながら、部門経営のデザインを考えるために最適なコースです。教科書的に理論・理屈を学ぶのではなく、ケースを読み解きながら実践的に学習を進めていきますので、人的資源管理に関するある程度の知識習得を終えられた方々にお勧めです。

主な対象者

次世代リーダーをめざす学習意欲の高い方で人材マネジメント分野に関する基礎知識を有しており、人や組織に焦点をあてた意思決定のトレーニングを行いたい方

ねらい

■人的資源管理のフレームワークを、現実の問題状況に適用するための思考の訓練を行います。
■そのことによって、自身が保有する人的資源管理論のフレームワークに関する知識をより確かなものとします。
■人的資源管理の全体像を押さえた上で、リーダーシップの発揮のしかたを考えます。

特色

■「知識の現場適用」を重視した教材です。テキストでは、内容にそったケースを提示し、ケースを読みながらリポートに取り組んでいただくことで、習得した知識をより確実なものにすることができます。

教材構成

●テキスト 1冊
●添削 2回

カリキュラム

01
人材マネジメント戦略

序章 人的資源管理概念の理解に向けて
1.人的資源管理の全体像/人的資源管理の全体像、部門の人的資源戦略他
2.組織変革のデザイン/部門経営戦略の形成、人的資源戦略の練り込み他
3.学習する組織作り/管理構想(ビジョン)、集団の革新度、リーダー行動他
4.変革プロセスへの介入/組織風土と組織文化、マネジメントの原因と結果他
5.部門におけるキャリア開発支援/エンプロイアビリティとキャリア開発支援、マネジリアル・スーパービジョン他
6.マネジャーのためのスーパービジョン/パーミッション・マネジメント、発達段階と発達課題他
7.人的資源管理システムへの働きかけ/人的資源管理と人事システム、労働の意味とその評価他
8.部門長による人事制度へのアプローチ/人事システム運用におけるマネジャーの役割、人的資源評価の原則と限界他
9.人的資源管理とリーダーシップ/マネジメントとリーダーシップ、「優れたリーダー」に共通する特性はあるか他

特記事項

監修:早稲田大学ビジネススクール 特任教授 梅津祐良
執筆:(学)産業能率大学 総合研究所 セルフラーニングシステム開発部

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

関連情報

<