総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

ネットチューターつき アカウンティング/ファイナンス戦略

  • 講師添削(Web提出)型
  • 再受講不可
  • ネットチューターつき

コースコード

0AC1

受講料

32,400

受講期間

3か月

在籍期間

4か月

導入のポイント

事業を“運営して”いくためには、財務的な視点による分析とそれに基づく意思決定が必要です。本コースはそのために必要な基本知識を持っていることを前提に、「その知識をいかに知恵に転換するか」、つまり各種財務分析の考え方、企業価値向上のための施策、資金調達の具体的な方法等を使って、「自分なりの仮説を立て、自ら課題形成し、自分なりの意思決定をする」という実践的な学習を行います。本コースはアカウンティング・エッセンスの内容を概ね理解していることを前提に学習を進めます。財務諸表の基本的な分析について不安な方はアカウンティング・エッセンスをお勧めします。

主な対象者

次世代リーダーをめざす学習意欲の高い方で財務・会計分野に関する基礎知識を有しており、財務の視点から戦略的意思決定能力を養成したい方

ねらい

■次世代リーダーとして必要不可欠な「財務の視点からの意思決定」について、ケース学習や演習によって実践的に学習します。
■財務諸表を「読める」レベルから「将来を予測し、意思決定できる」レベルに到達します。
■戦略経営システムとしての管理会計を各種方法を活用し、具体的に学習します。
■コーポレートファイナンス(企業財務)の意味と企業活動の中での役割を理解します。
■投資評価の考え方、企業価値評価の考え方、そしてビジネスシーンでの具体的な活用場面について、具体例とケース学習により実践的に学習します。

特色

■アカウンティングとファイナンスのコンテンツが1冊に凝縮されておりますので、「企業の財務活動の全体像」を明確にとらえることができます。
■ケースを通して、徹底的に納得のいくまで、とことん追求する学習の場を提供します。そのためにe-mailやWebを活用したチューターからの迅速な質問対応やチアリングメールにより、完全な理解をバックアップします。
■財務諸表分析とCVP分析をもとに、他の受講者からの新たな視点や気付きの示唆など協調的な学習の場をWebにより提供します。

PC環境

本コースはWebによるリポート提出のため、以下の学習環境が必要です。
・メールアドレス
・WindowsVista SP1以降、Windows7/8/8.1
・Internet Explorer8~11 
・リポート作成用 Microsoft Word

教材構成

●テキスト 1冊
●ケース別冊 1冊
●添削 3回(Web提出)
【eTextあり】
テキストは、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。

カリキュラム

01
アカウンティング/ファイナンス戦略

1.財務管理の重要性
  企業財務の役割、企業財務と企業会計の違い
2.財務諸表の見方
  貸借対照表/損益計算書/キャッシュフロー計算書、包括利益計算書、株主資本変動計算書、連結財務諸表
3.財務諸表の分析
  財務諸表分析の手法と活用、収益性/安全性/成長性/効率性/生産性の分析、キャッシュフロー情報の分析
4.マネジメント・コントロール
  マネジメント・コントロールの意義、事業計画策定と財務予測、予算管理、予算の設定方法、予算実績差異分析、バランスト・スコアカード
5.コスト・マネジメント
  コスト・ビヘイビア、費用予測と損益分岐点分析、直接原価計算、原価管理と原価低減、ABCとABM、原価企画、コストの理解と経営意思決定
6.ファイナンスの基本
  ファイナンスの意義、キャッシュフロー、リスクとリターン
7.投資の評価方法
  資本コスト、時間的価値を考慮した評価方法、その他の投資評価方法、投資プロジェクト評価の流れ
8.企業価値の評価と価値創造戦略
  企業価値とは何か、企業価値の算出方法、MVAとEVA、M&Aと企業価値
9.資本構成と配当政策
  資金調達の方法、資本構成、配当政策
10.デリバティブ
  オプション、先物とスワップ

特記事項

執筆:東洋学園大学 現代経営学部 教授 中井和敏、東洋学園大学 現代経営学部 教授 石川勝、公認会計士 大野木猛

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

関連情報

SBCPの概要
通信研修とeラーニングを融合させた新しい学習形態プログラム「SBCP」で次世代リーダーを育成します。
経営人材・次世代リーダーの育成
次世代を担うリーダーの発掘から育成までトータルにサポートします。