総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

~任せたくない、任せられないからの卒業~ 物語で学ぶ上手な仕事の任せ方

  • 新コース
  • eTextあり
  • コンピュータ採点+講師添削(Web提出)型

コースコード

C1A0

受講料

14,040

受講期間

2か月

在籍期間

4か月

導入のポイント

「任せることは大切である」と理解していても、実際に行動レベルになるとできないという人は意外と多いです。状況や場面によってはその行動を否定することはできませんが、任せられるのに任せないというのはその人の心の中にある「任せたくない、任せられない」壁にぶつかっているからだと言えます。このコースでは、学習を通じて自分は任せることができるのか、できないとすれば自分の心の壁はどこにあるのかを理解しその壁を乗り越えるためにどうしていくのかを考えます。

主な対象者

・チームを率いる立場にある人
・リーダー、管理・監督者などを目指している人
・うまく任せられるのか不安な人

ねらい

■チームリーダー、管理者にとって「任せる」ことの重要性が理解できる。
■受講者自身の任せない、任せられない壁が分かる。
■チームリーダー、管理者本来の仕事(マネジメント)をする上で任せることの重要性が理解できる。
■「任せる」を実践する上で、心得ておきたいポイントが理解できる。

特色

■物語を通してありがちな状況、直面している状況が共感できる(場の共有)
■物語を通じて主人公の考え方や行動が正しいのか、間違っているのか、間違っているならどこが間違いなのかを考える(主体的な学習)
■自分に置き換えた場合、どういう傾向があるのかを知る(自己分析)
■「任せる力(コツ)=実践上のPoint」が簡潔で分かりやすい(学習のしやすさ)

教材構成

●テキスト 2冊
●添削 2回(Web提出可)
【eTextあり】
テキストは、eText(電子書籍)での閲覧も可能です。

カリキュラム

01
“任せる”を考える

1.“任せる”を考える<短編小説-4人の主人公>
2.任せられないタイプを知る
  ・任せられない言い訳
  ・任せられない4つのタイプ
  ・4つのタイプの特徴
  ・ワーク(考えてみよう)
3.任せられる自分を知る
  ・あなたの「任せ」度は
  ・あなた自身の課題を考える
4.“任せる”を考える<短編小説-4人の主人公のその後>

02
“任せる”ができる

1.任せることとは
  ・リスクを考える
  ・任せる意義を考える
  ・任せられない壁を乗り越える
2.“任せる”ができるための心得
  ・はじめから無理と考えない
  ・メンバーは失敗することで成長する
  ・自分ができることにも限界がある
  ・自分より優秀な部下はたくさんいる........ほか

特記事項

※本コースの教材「“任せる”ができる」は、「任せる心得・任せるコツ」と共通の教材を使用しています。
※2018年4月より開講します。

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • 通信研修デジタルカタログはこちら
  • 公開セミナーデジタルカタログはこちら
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内